無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



珍宝・鞍掛峠(廃道)


宇都宮市新里町と日光市猪倉を結ぶ栃木県道22号大沢宇都宮線にある鞍掛峠は平成9年(1997)のトンネル開通により旧道となるも、峠の小さな祠には御神体が取り残され、時の流れとともに廃れゆくまま、すっかり往来のなくなった道路を今なお見守り続けていた。

[続きを読む]


矢白峠(現役道)


国土地理院の地図を眺めることがすっかり日課となってしまっている現在、図中の「峠」という文字を血眼になって探す有様なのですが、ここはそういったパスハンティング目的で訪ねた宇都宮市の小さな峠道。ネットにはほとんど情報がなく、果たしてここにはどのような驚きと発見が隠されているのだろうか。。

[続きを読む]


塩の道「金山峠」


人間にとって欠かすことの出来ない物質である「塩」。古くから全国各地に海沿いの地域と内陸部とを結ぶ塩の輸送ルートが存在し、ここ北関東にも水戸と宇都宮という主要都市を結ぶ交易路「塩の道」が存在したという。そして、その痕跡を辿るべく、初夏の旺盛な緑の地獄に足を踏み入れる。

[続きを読む]


ドロンコビリー


今日はダート林道を走ってきたのですが(※後日まとめてからご報告します)、前日が雨だったせいか泥濘(ぬかるみ)が多く、クルマに戻ってから「え~?こんなのを積むのかよ…」という泥馬状態で、普段から洗車(クルマのほう)が嫌いな自分はなるべくこれ以上クルマが汚れないよう家に戻ってから仕方なくチャリのほうを洗車。。
しかしまぁこうしてみるとコイツは古道や廃道で枝掻きや藪漕ぎをさせられて日を追うごとにみるみる生傷が増えていてホント気の毒。。コイツはれっきとしたカーボンフレームのモデルで、アマチュアのクロスカントリーレースに参戦できるくらいの結構良いチャリだったりして当初はそういう競技志向を想定していたりもしたものの、実際には獣も歩かないような道なき道を枯れ枝や若木を押し分け、その隙間をバキ!ボキ!と強引に押し通りながら「こういう使い方ならもっと安いチャリで良かったンじゃね?もったいないよな…」などと日増しに罪悪感を募らせていたりして。。

え?増車?

いえいえいえいえいえいえ(笑)


藪の締め出し


やっとの休日。時間が無いのでダートを15kmほど走り、帰宅後にちょっと横になったらなんと1時間も寝て以下略。。MTBは思っているよりもかなり疲れる。もっと操縦技術や体力を養わないと、こんな事では今後のオフロードサイクリングもままならない。しかしまぁ、夏日が続き驚くほど植物の成長が早く、藪遊びもそろそろ潮時を感じなくもないこの頃。また夏がやってきますね。。嗚呼