無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



むさぼれ中華ダック


気に入ったものは修理してしぶとく使い続ける性質ゆえ、世間のトレンド技術から随分と置いてゆかれてしまっている我が家はいまだにアナログ接続が主流なのですが、中古のプレステ(いまどき4ではなく3:笑)を購入しHDMI接続の良さを体験してからは、古い機器にもそれらモダンテクノロジーを上手に繋げられないものかと思い、おそらくはD/Aコンバータを使えば良いという事に気づいたものの、自分の中ではD/Aコンバータといえば「昔のVHSデッキのようにデカくて何十万円もするマニア向けの機器」というイメージしかなかったので、試しにアマゾンで検索したらまさかこの写真のようなキャラメル箱サイズにまで小型化され価格も2000円前後と超絶想定外で思わず悶絶した!

d_dacmna_2.jpg

というわけで、地デジTVのほうはD/Aコンバータを途中に噛ませるだけで簡単だったけど、iPodのほうはDock端子からデジタル信号を拾うクレードル(という割にはiPod本体よりもデカいダブルベッドサイズですが)が別途必要だったのでネトオクで3000円の中古を拾いました(笑)
さて普通これだけ色々と機器を途中に噛ませていたら音質はむしろ悪くなりそうなイメージですが、実際にやってみるとあまりにも劇的に向上していてビックリ。自分はその筋のマニアではないので音質がどうとかを聴き分けられる耳なぞありませんがそんな素人でもハッキリ違いがわかるほどの威力。古いデッキで普通にCDを再生するよりもiPodに入ってる非可逆圧縮で劣化したmp3データをわざわざ外付けD/A変換したほうがキレイだという意外な結果にひっくり返りそうです。。
まぁ素人なので詳しくはわかりませんが、これはiPodや古いCDデッキの内臓回路のD/A変換よりも、現在の中華D/Aコンバータの変換回路のほうが正確ということなのかもしれませんね。それにしても技術の進歩ってスゲーな。。これも新しい設計の高性能な演算チップが安価に大量生産できるようになったからこその恩恵なのでしょうね。チャリ以外でも、またもや中華依存が深まりました(汗)
そんなわけでこうして良い音で音楽を聴いてゴロゴロしていると、せっかくの休日だというのに家から出たくなくなるからヤバイ(汗)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/974-9474041c