無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



2016年始完了


無事に組み上がったので約50kmほどブラブラと試走。ここ数日は魔窟に篭り酒と惰眠で久しぶりに娑婆の空気を吸った気がします(笑)ともあれ、一番の懸案であるヘッドチューブのクラックについては、別段ハンドルがヤワくなったりガタが出たりするわけでもなく、今のところ案外カッチリしているようでハンドリングは悪くないです。

ch_160103b.jpg

組み立てに関しては毎度の流れで特筆するところはありませんが、今回は旧車特有のスレッドステムだった事に気づき「あ、そうだった。いけね。」と下から板を当ててSTIレバーが左右均等に配置されているかの座りをチェック(笑)まぁ横着せずにステムごとフレームから抜いて定盤(じょうばん)やガラステーブルなど平らな物の上に置いて四点倒立チェックをすればいいだけなのですけどね。

ch_160103c.jpg

今回BBは古典的なスクエアテーパーの物を挿入するのですが、一応取り付け面が歪んでいないか砥石を当ててチェックすると同時に切削油を塗って軽く擦っておく。実のところ安物のカートリッジベアリングをテキトーに突っ込んで終了なのでこんな事する意味は無いのですが(笑)なんとなく昔の厳格な自転車職人になったような気分を演出してみました。
ちなみに、現代のBB規格はBB30など圧入式が主流になってきてさらに簡素化が進んでいるのでこのようなフェイスカットの必要も薄れてきて賛否があるようですが、自分は新品のフレームの塗装がゴッテリと乗った状態の物に関しては少し研ぎたいのが本音です。ただ、そのまま組みつけても走行性能に支障が出るほどの影響は無いと思うので人それぞれ気分とか儀式とかなのかもしれません。

ch_160103d.jpg

リアディレーラーを取り付けようかとおもったらボルトが入ってゆかないので切切削油を吹き付けてタップを切りなおしました。新品のフレームの場合塗装がゴッテリと流れ込んで詰まりボルトが入らない事もあるのですが、今回は無塗装のフレームだし中古だからズブズブだろ?なんて油断していたらネジ山の状態があまりよろしくない個体だったようです。もちろん加工後はヌルヌル(笑)
ちなみにリアディレーラーハンガーのタップはM10×1.0(細目)です。ホームセンターの安いセット売りのタッピングセットには含まれませんので、同じ売り場に吊るしてある個別売りの物を探して購入しておくと良いかと思います。いざというときにメンドクサイし、ネジ山を壊したらもっとメンドクサイし。。

ch_160103e.jpg

というわけ完成。パッと見であまりにもシートポストが低いので我がド短足にも呆れるばかりですが、これは別に無理をして大きなサイズのフレームに乗っているわけではなく普段乗っているBMCやリドレーと同じ水平トップ長525mmのサイズなので、トップチューブがスローピングかホリゾンタルかでこんなにも見た目の印象が違うモンなのかと軽く衝撃(汗)まぁ古いクロモリフレームの写真とかを本で見ると大体このぐらいのちんまりした感じなのでホリゾンタルフレームとはそういうモンだと思って諦めてます。。ちなみにもう3cmぐらい上がるとカタログ写真みたいになりそうですね(身長が170cmぐらいの人が乗るならカッコ良さそう)。
それから、ごらんのとおり剥き出しの金属が全開バリバリ!で無機質で単調な外観になってしまいそうなのであえてカラーパーツを多用して見た目のバランスを工夫してみたのですがどうでしょう?
それと、もはやどうでもいいことですが乗り味について少し書いておくと、やっぱり硬い感じがします。が、泣きが入るほど硬いわけでもなく乗り心地は案外悪くは無いです(現代のアルミバイクと比べると良くは無いですが)。その分鋭い加速感もなくむしろおっとりした感じなのが不思議ですがでもそれはシティバイク用の鈍重なホイールをセットしているせいかもしれませんけど。
以前、古い650cのスローピングで小さいアルミバイク(トップ500mm)に乗っていたのですがソイツは本当に硬かったけどそれとはまた違う感じで、もしかするとコイツの場合は三角が大きいホリゾンタルなのでやや穏やかな感じがするのかも。パイプ径も関係してそうですし素人には何とも言えませんが。。というか残存数も少ない旧車のレビュー自体がすでに意味不明ですけどね(笑)
ともかく、ウチにある他のフレームと比べて乗り味こそ違いますが「速い」だの「遅い」だのの違いはなく、すこし乗ればクセが解って慣れれば他のバイク同様普通に乗れるフレームでしたよ。いや、一度死んだ20年前のフレームをゾンビとして蘇らせたのでレースには危なくて使えないし、数千メートルの山をガチ登ったり猛スピードで下ったりするような使い方をする気はありませんけどね(汗)今後は旧車の雰囲気を楽しむ街乗りバイクとしてゆとりある走りをしたいと思っています。

この記事に対するコメント
し仕事早いっすね!(^^;)もう仕上げちゃったんですか!?
さては正月休みの時間をフルにつぎ込んだとか~

シルバー基調に黄色と青のワンポイントカラーいいっすね♪

万ちゃんは一台だけアルミフレーム持ってますがアルミのガツガツしたフィールがどうも馴染めないです…クロモリが体に一番馴染むというかw

応力が集中する端っこ(シートポストとか)が欠けてしまう特性とかもどうも好かんすわ、鉄のミョンミョンしつつカチッとしてるのがいいです♪
【2016/01/05 22:41】 URL | 万ちゃん #- [ 編集]

Re: タイトルなし
万ちゃん どうもです

> 万ちゃんは一台だけアルミフレーム持ってますがアルミのガツガツしたフィールがどうも馴染めないです…クロモリが体に一番馴染むというかw

先日のでしっかりダメージ残りましたよ(笑)体が痛い。
時々クロモリに乗るとボヨンボヨンして面白いですね。
【2016/01/05 23:24】 URL | たらもと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/961-1866cbbd