無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



海なし県の人魚伝説


昨日のトレーニングで体中がビシバシと筋肉痛なので少しカラダをほぐそうと、今日は久しぶりにのんびり自転車で西片町(現栃木市に併合)の八百比丘尼堂に来てみました。ご存知の方もおられると思いますが、八百比丘尼(やおびくに)とは全国に分布する“人魚伝説”の事で、海なし県の栃木で人魚伝説というのもなかなか奇妙な話で面白いのではないかと。

cy_150628b.jpg

さて、人魚伝説の前に、道中で自分は何かとんでもないものを見てしまったような気がするのであわてて写真を撮ったのですが、なんと道路脇に無造作にバナナが自生して結実しているんですよ!こ、ここは栃木ですぞ!?九州とかじゃないんですよ!?冬は-5℃とかまで気温が下がるのですよ!?温室やビニール囲いなどもなく、歩道の脇にノーガードでどうやってバナナの木(厳密には草)が生きられるのですか!?何ゆえですかッ!?…ともう気が狂わぬばかりにオレ大興奮。何かもう人知を超えた超自然現象が発現しているとしか思えません。西片町恐るべし。

cy_150628f.jpg

そして、もう一つ再発見があり、目的地の八百比丘尼堂が地図だとわかりづらい所にあるので途中で迷ってしまったのですが、怪我の功名か素敵な林道を発見してしまいました。もちろん走りました。筋肉痛だけど(笑)多分ここは普段走ってる古賀志山や太平山よりも、オレの自宅から最短のヒルクライムコースになるのではないかなぁ。いやぁ意外でした。しかもコーナーの角度や傾斜、日当たりや見晴らし等の条件もかなり良いと思います。途中で数件の集落があって、地元の人が使う生活林道って感じだと思うのですが、そういうのは地図の拡大率を最大にしないと道路が表示されなかったりするので、ネチネチ探せばこういう穴場がまだまだ発掘できるのかもしれませんね。

cy_150628c.jpg

というわけで前置きが長くなってしまいましたが、本題の八百比丘尼堂。なぜか手前の橋で通路が柵で封鎖されていて本堂に近づけないのが謎ですが、案内板にその物語が書いてあり長いので要約すると…

この地に暮らす長者の娘はたいそう美しく、
その噂は遠く都まで届くほどで、
めでたく高貴な家に嫁ぐこととなりました。
しかし娘はそれを嫌がり、里から出奔してしまいました。
娘は放浪の途中で不思議な老人に出会い、
豪華な家に案内され楽しい毎日が過ぎるものの
4~5年もすると両親の事が気にかかり
また里に戻ってきてしまいました。
しかし、そこには自分がかつて知った風景はなく、
なんと八百年もの月日が経過していたのでした。
絶望した娘は尼僧となり全国巡礼の旅にでましたとさ。


…という事のようです。ちなみに全国版のオリジナルな八百比丘尼ストーリーだと「ある男が見知らぬ家に泊まり饗応を受けるが、いかにも怪しい雰囲気なので早々にその場を去り、料理はテイクアウトして自宅に戻った。持ち帰った料理は実は人魚を殺して得た肉で、その肉を食べたものは不老不死となる。不幸にもそれを食べたのは娘であった。」…という差異があり、栃木版のストーリーはなんとなく「かぐや姫」と「浦島太郎」がゴッチャになったような話にまとめられていて興味深いです。やっぱり海なし県なのでこれを創作した昔の人は「さすがに人魚は無理があるんじゃネ?」って流れになったのかもしれませんね(笑)ちなみに八百比丘尼の人魚伝説はダークファンタジーとして作品化されていると思うのでそっちが好きな人は探してみると良いかもしれません。オレが読んだ事があるのだと高橋留美子の短編集(人魚の森?)とか、杉浦日向子の百物語あたりがそうだった気がしますが、なにぶん十代の頃の事なので記憶が曖昧ですが。。

cy_150628d.jpg

昼は久しぶりに「宮入」でソバを手繰ることに。当初は鹿沼名物の「にらそば」のつもりだったのですが、ついうっかり「天ざる」を注文してしまいました。というか、朝から林道を登ったり下りたりした汗だくの男にニラだけでソバを食えってのかよ?あ~ん!?天ぷらぐらい好きに食わせろや!…と心の中の何かが喚き散らすのでやむなくそうなりました(笑)まぁ当初の予定だと八百比丘尼堂とソバの直行直帰だけなら40km以内のはずだったのに、なんだかんだで65kmになってしまったのでそのぐらいはまぁいいかと(汗)

この記事に対するコメント
なんだか千と千尋の神隠しの元になりそうな場所ですね

見知らぬ道に迷い込み進んでいったら油屋旅館なるものが現れて~みたいなw
(^^;)神秘的な世界が広がっていたりして!
【2015/06/30 06:52】 URL | 万ちゃん #- [ 編集]

Re: タイトルなし
万ちゃん おはようございます。

> なんだか千と千尋の神隠しの元になりそうな場所ですね

栃木版の人魚伝説だと神隠し系という事でしょうね~
でも個人的には、人魚を殺した肉のパワーで不老不死になるという、
全国版人魚伝説のようなホラータッチのアンデッド系が好みです(笑)
【2015/06/30 07:17】 URL | たらもと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/906-862e56b8