無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



スタンドオーバーハイト


当ブログにはロードバイクにおけるチビ男ならでは悩みを吐露する記事が多いせいか、アクセスワードを見ていると時々それっぽい内容が散見されるので、一応具体的な例を挙げておこうと思うのですが「オレってチビ男だけど700cロードバイクを跨げますか?」という切羽詰まった悩みについて、股下72センチの自分がメーカーで用意されている700c最小サイズ(S、XS、XXS等メーカーごとに表記が異なる)のロードフレームを使用した場合の股間の具体的状況が上図です。現状ではスローピング(傾斜)フレームの場合はトップチューブには干渉しません。そしてホリゾンタル(水平)フレームの場合は結構ギリで「置いてる感じ」です。ちなみにメーカーのカタログで「スタンドオーバーハイト」と表記されている数値がそれです。ご自分の股下よりも数値が低い場合はOKです。また、ギリギリの場合でもビンディングシューズの高さが2センチぐらいあるので大丈夫な場合もあります。まぁ現代のフレームはスローピングが多いのでそれほど悩む事もないと思いますが、LOOKやTIMEなどの硬派なメーカーのフレームは最小サイズでもキビしかったりするのが涙目ですが。。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/878-b6aecdf8