無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



スポーク&ニップル考


大手メーカーのコンプリートモデルで採用されている「インナーニップル」みたいな事が、専用設計ではない通常リムやニップルを使って素人にも簡単に出来ないものかとカットモデルまで試行してみました(笑)

ch_spknpl_2.jpg

と、その前に、事の発端というか、実は以前手組みした中華カーボンホイールのリムをエアロスポークに張り替えようと思いまして。で、ネトオクを見ていると「中華カーボンクリンチャーを熱変形で壊してしまったのでパーツを処分します」的な事情でハブやスポークを出品する方が時々おられましてね。千円ぐらいだし他にこんなもの欲しがる人もいないので、見つけるたびにゲットしていたのですが、ご存知のとおりスポーク長というのは使うハブやリム内径によってサイズが変わってしまい、長さの調整が必要になるわけです。まぁ対策としてはスポークを切ってネジ山を作りなおせばいいわけですが、エアロスポークの場合は「ハネ」の部分と「クワエ」の部分があるのでプレーンのスポークのように自由に切って使えるわけではありません。
というわけで、上図のようにエアロスポークにもクワエの部分が短い物と長いものが存在し、前者は10mm程度、後者は30mmほどの調整幅があるようです。実は今回この調整幅が長いジャンクパーツが手に入りまして、これは医療で言うところの万能細胞みたいなもんで、言うなればSTAPスポークとでも申しましょうか(笑)便利なのでもっと欲しいけど残念ながらメーカーも販売店もわからんのでどうにもなりません。なので通常は調整幅が短い物をどうにかやりくりして取り付けるしかないのですが、そこで思いついたのがインナーニップル案でした。ニップルをリムの中に内臓してしまえば2~3mmほど長さの余っているスポークも使えるからです。

ch_spknpl_3.jpg

ともあれ、思い立ったら試作GO!(笑)普通のアルミニップルにボール盤で2.5mmのドリルを通して中のネジ山を破壊。

ch_spknpl_4.jpg

頭の部分は10mmの大径ドリル歯を軽くあてて皿状に掘る。あとはニップルの胴体部分をリムの肉厚と同じ長さになるようノコギリで余分を切り捨てれば完成。

ch_spknpl_5.jpg

拡大するとこんな感じ。組み付け状態の写真は冒頭の画像になるわけですが、簡単に言ってしまうとこのようなアダプタというか、ワッシャの類を追加すればイケそうじゃん?…と思ってはみたのですが、いざ組み付けてみるとこんな細かいパーツを狭くて暗いリムの中でスポークに通すのは、内視鏡でも突っ込んで作業しないと不可能で、残念ながら試作機の作成には至ってませんゴメンナサイ。

ch_spknpl_1.jpg

そういえば中華の張替えのほうですが、幸いギリギリで調整幅内に収まったので普通に組みました。この状態になるまで中華カーボンホイールのジャンクスポークは2名の出品者から購入したのですが上手いことそれぞれの長さが調整幅内収まったので結果オーライ。これがもしサイズ指定して新品のエアロスポークを買ったら1本350円ぐらいして1台分だと×40本で14000円とアホ高額になるので、何ヶ月も待った甲斐がありました。安いコストで理想の機材をゲットするには手間暇だけではなくジッと機会を待つ忍耐も重要ではないでしょうか(汗)ちなみに、フロントはまだ組んでませんが中華カーボンホイールに多く採用されているノバテック製のハブがチャイナさんから格安ゲットできたのでスポーク長の調整なしでポン付け可能。休暇中に合間をみてチャチャッと張りなおしておこうかと。

ともあれ、なんだかんだで2014年も今日で最終日となりました。
来年もまたよろしくお願い申し上げます。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/859-93f16ddd