無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



原因をシャタウト

ウシャ!! ピロリをボコったぜ!!

…とかの一言で済ますとまるで頭の弱い人みたいだし、ひょっとすると世間一般ではあまり知られていないかもしれないので、私事で恐縮ですが少し書きたいと思います。

ピロリってのは胃の中に住む細菌で正式にはヘリコバクターピロリというらしのですが、バクテリアですから当然なんらかの生産物があるわけで、コイツが胃の中で毒素を作りそれで胃粘膜が荒れたり胃酸が過剰に分泌されたりして胃潰瘍になるようです。で、長年潰瘍に苦しめられてきたオレは緩和薬を毎日何年も飲み続けて薬代もばかにならないし休日は通院で時間を取られて散々だったわけですが、病気の原因になっているピロリ菌の除菌治療法が確立され保険も適用になり、潰瘍持ちにはうれしい環境が整ったのものの、胃潰瘍の症状がバリバリに出て胃カメラでその証拠写真などを押さえつつ医師から「胃潰瘍」という明確な診断結果がなければ保険が適用されないとの事なのでわざわざ緩和薬をやめて症状を悪化させ、その際ピロリ菌治療に詳しい病院にチェンジして治療にのぞみました。で、結果が良好だったので能天気に喜んでいるわけです。スミマセン。
ちなみに治療は結構な量の抗生物質を一週間飲み続けるだけです。大量の抗生物質ですから本命のピロリの他に虫歯菌とか腸内の大腸菌なんかもみんなまとめて処分処分!な感じで、副作用の下痢が続きましたけど口臭が消えたのは嬉しかったですね。あと自覚症状ないけどひょっとすると他にも冴えない体内細菌がどこかであぼんしてるかもしれません。ともかくこれで十数年来の付き合いだった胃潰瘍とサヨナラできて嬉しいです。日本人のピロリ菌保持率は2人に1人と結構な数字ですが実際に胃潰瘍になる人はその中の数パーセント程度なので苦しんでいる同志はさっさと医者に行って、保険使って除菌したほうがいいですよ。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/81-058db4da