無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



その後のマイクロシフト


実を言うと当ブログへのチャリ関係のアクセスワードが一番多いのは「microshift」だったりします。そしてウチの主力機のシフターはめでたく全てマイクロシフトになりました(祝)もはやマイクロシフトじゃなきゃ生きてゆけない体になってます(笑)

ch_ms_af2.jpg

まず最初に、使い続けたうえで発生した重要事項を書かせていただきますと、ブラケットのプラスティックの形状に起因する問題で、末端のエッジがやけに鋭すぎて握っているうちにバーテープを破り自身のブラケットラバーまで食い破って穴が開くぐらい意味不明な鋭さなので、組み付け前にぜひ「カッターやヤスリなどで角を面取り加工」しておきましょう。このあたりのダメさ加減がメイドインジャパンのシマノに遠く及ばないところでもあり、コイツのかわいいところでもある。かも(笑)

さて、じゃあ本題です。前もって書いておきますがオレはアンチシマノではありません。「日本の技術力は世界一イィィ!!」だと信じてるし、実際にシマノのパーツを多用していてスラムやカンパのパーツは使っていませんし(FSA等、医薬品風に言うところのジェネリックパーツは多用してるけど)。でも、シフターに関してだけはシマノの設計思想は何をどうやっても納得できない。ブレーキレバーを押し倒してシフトするのはどう考えてもオカシイ。ブレーキレバーはブレーキワイヤを引くための物であって、シフトレバーとは独立して考えるべきだと思う。その一番の懸念はシフトしようとして誤ってブレーキを引いてしまう事です。まぁ実際には余程ヘロヘロに疲れている時でさえシフト時にかすかにブレーキを引いてしまう事があるぐらいで、ジャックナイフで転倒するほどの誤動作は起き得ない。それでも、やっぱりブレーキはブレーキ、シフターはシフターで別々であるべきだと思うし、これは気持ちの問題だけど、一度そう感じてしまうともう気持ち悪くて仕方がない。それにヘロヘロの時にでっかいブレーキレバーをガバッ!と倒さなきゃならないシマノ式がオレ的にはもうダル過ぎてあり得ない。。その点マイクロシフトのポチッとな!的な操作がとても快適に感じる。

そもそも何故レバーがブレーキとシフトで兼用なのか、オレはデュアコンの歴史に詳しくないけど、シマノがSTIを発売した当初はそれこそ「大革命」だったんじゃないかと思う。特にブレーキレバーとシフトレバーが一体になった事がとても「シンプルかつ画期的」に感じられたのだと思う。そして当然その方式で特許を取得したのだと思う。その一方で後発のカンパやスラム、マイクロシフトは「ブレーキレバーでシフトチェンジもできるシマノの特許」を回避すべく、ブレーキレバーとシフトレバーを別々に設けなくてはならない羽目になったのだけど、結局はそのほうが誤動作も起こらずもっと短いストロークで快適に操作できるシステムが生み出されたのではないかと。そして性能を追求してゆく上で、ブレーキレバーはブレーキレバーの役目に専念できるし、シフトはシフトで使いやすさを追求したデザイン設計がしやすい利点がある。逆にブレーキとシフトが兼用だとブレーキレバーとしての性能を追求すると今度はシフトチェンジの性能が落ちてしまったり相反するもの同士の折衷妥協案になってしまい「どちらかを立てればどちらかが立たない」というジレンマが設計上の大きな欠点になってしまっているのではないかと思う。

スラムとカンパに関しては使った事がないので憶測ですが、スラムはシマノでいう所のブレーキ後ろの小レバーの押し込み量の違いでシフトアップとダウンを行うようでこれ以上無いくらい操作のシンプル化に成功しているようです。一方カンパのエルゴパワーは小レバー(ダウン)と親指付近にプチレバー(アップ)を設けてシフトチェンジをするようで、実はマイクロシフトに似ています…というかマイクロシフトはプチレバーを反対の人差し指側に移動しただけでカンパのエルゴパワーのネタをパクったくさいです(笑)いっそ「プアマンズ・エルゴパワー」とでも称しましょうか(笑)でもぶっちゃけ自分が本当に使いたいのはカンパのエルゴパワーで、理由はブラケットやブレーキレバーの形状がトラディショナルなブレーキレバーっぽくてとても使いやすそうだから。まぁ貧乏人ゆえパーツの互換性からカンパは無理なんですが。。ただ、現状のマイクロシフトは全体の形状自体はどういうわけか「シマノちっく」なもんでブラケットの握り心地は手の小さいオレにとってあまり快適とは言えない。今後のモデルチェンジがあるのならもっとエルゴパワー寄りの形状にしてくれるとオレ的には欲しい度MAX!という感じなのですがねぇ。。

そんなワケで、105あたりのデュアコンをわざわざ捨ててmicroshiftにしようという奇人変人の方!ようこそマイクロシフトの世界へ!逆に「完成車を買ったけど変な安っぽいレバーが付いていて嫌」という見た目を気にする方はST-5700あたりに変更して外したmicroshiftはヤフオクに3000円スタートぐらいで流してもらえるとオレやmicroshift化に興味のある方がウマー!です。ちなみにmicroshiftはシマノと同じインデックス&ワイヤー引き量なので前後ディレーラーは変更する事なくデュアコンだけポン!と交換で済みます。ただシフトワイヤーがエビの触覚みたいに露出するのでワイヤーの取り回しが変わってしまい、変更時には別途ワイヤー一式を揃える必要があるかもしれません。

◎マイクロシフトの解剖/改造「骨の髄までマイクロシフト」

この記事に対するコメント
http://ameblo.jp/letourdeking/entry-11959063575.html

他の記事でも他人の画像や文章を丸パクリしています。しかも嘘か本当か自転車店経営者です。

しかるべき処置をしたほうが良いかと思いますよ
【2015/12/01 15:46】 URL | とおりすがり #CofySn7Q [ 編集]

Re: タイトルなし
とおりすがり様 こんにちは

> http://ameblo.jp/letourdeking/entry-11959063575.html
>
> 他の記事でも他人の画像や文章を丸パクリしています。しかも嘘か本当か自転車店経営者です。
>
> しかるべき処置をしたほうが良いかと思いますよ

ご報告、ありがとうございます。

内情を申しますと、当ブログの記事は1円の利益も生み出せていないので
そんな無価値な記事をわざわざ盗用する気持ちが、オレにはチョッチわかりませんねぇ。。
ともあれ、事実は確認しましたので、ご報告感謝です。
【2015/12/01 18:44】 URL | たらもと #- [ 編集]

こんにちは。
記事を拝見して思わず膝を打ちました。
私も「ブレーキレバーが複数機能を有するのはよろしくない。何よりブレーキレバ^-がぐにゅぐにゅ動くなんて怖い」と、マイクロシフトに乗り換えた者です。

ブラケットカバーがぼろぼろになってきたのでコンポーネント自体の刷新を考えているのですが、最近は手に入れようと思えばそんなに難しくないのでありがたいです。
【2017/07/09 12:03】 URL | (めいくわんしい) #- [ 編集]

Re: タイトルなし
めいくわんしい様 こんにちは。

コメントありがとうございます。
マイクロシフトに限らず、デュアルコントロールレバーは保守部品の調達が困難で
「ブラケットラバーの寿命=レバー本体もやむなく終了」となる場合が多いので
もったいないけど「使い捨て」になっているのが現状ですよね。
自作できるといいのですが、さすがにゴムの成形はキビシイ(笑)
【2017/07/16 09:10】 URL | たらもと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/698-208099d1