無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



パーテーションラック


久しぶりに部屋の模様替えをしたものの、なんか中途半端に広くなったというか、むしろスペースの使い道に苦慮する微妙なアキが出来てしまったので(汗)部屋を区切るパーテーション目的でラックを作ってみました。

part_rac_2.jpg

さて、のっけから愚痴で申し訳ありませんが、もう年度末のバタバタで休日が満足に取れないせいで工作が全然進まないうえに平日は毎日残業まみれ。仕方がないので家に戻ってから今度は工作で残業まみれ(笑)21時を過ぎてます。てなわけで今回の工作もやはり「費用と手間を最小限にしたい」のコンセプトで1×4を8本と1×6を4本(いずれも1830mm)だけでどうにかするつもり。で、1×4を切ってこんな形に加工し部品を作ります。1個作った時点で「こんなのを全部で16本も作るのかぁ。またメンドクサイもんに手を出してしまったなぁ」とか毎度の事ですがやや途方も無い気持ちになる。パーツ点数が多いのはラックの宿命。

part_rac_3.jpg

組み立ては写真を見てもらうとすぐにわかると思いますが、1×6を等間隔でケガき、先に加工しておいた1×4を両サイドから挟み込む構造。これを8回繰り返して組んでゆけばラックになる目論み。ちなみに今回の置き板は1×6を使いましたが、ラックの奥行きをもっと広げて厚みを出したいなら1×8を使うと良いかと思います。逆に1×4を使えばもっと奥行きを狭くできるハズですがラック自体がペラくなってブッ倒れる可能性があるのでやっぱり1×6を使って奥行230mmあたりで丁度良いのではないでしょうか。

part_rac_4.jpg

というわけで組み立て完了。ビスは全てのパーツに打ったわけではなく各パーツ同士の噛み込みによる強度があるので要所要所に打った感じ。特にグラグラする事もなく床に置いた感じだと思ったほど座りは悪くない気がする。

part_rac_5.jpg

さて最期の塗装仕上げなのですが、ここ数年はステインの塗りっぱなしとか軽くクリアを吹き付けて終了とか我ながら手抜きが目立つのでたまにはちゃんと塗るか。。とネチネチ刷毛塗りしてみました。最初に逆さにして置き板の底面や脚を1度塗して、今度はひっくり返してから見える所をちゃんと2度塗してキレイに仕上げる。ちなみに塗料なのですが3年前に買った半斗缶(約8kg)を使おうと思ったら液がおもいっきり分離していて棒を突っ込んで掻き回したり水を追加したり蓋を閉めて缶を抱えてダップン!ドップン!と揺すったりして使えるようになるまでにドえらい苦労をしました。こうやって在庫を抱えるのも考えものだなぁと思ったりもしましたが、ホムセンの塗料って4kg缶で買うとアホみたいに割高なのでアマチュア工作家にとっては悩むところ。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/660-97752da0