無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



「サルでもかけるカーボン柄」塗装


カーボン柄のカッティングシートって高いし、変に厚みがあって貼りづらいし無理に曲線に沿って貼ると剥がれるしロクなことがない。で、もっと簡単にそれっぽいカーボン風の模様を塗装で表現できないものかとブツブツ考え事をしながら100円屋を徘徊して思いついた!スベリ止めシート(写真右下ピンクのシート)ってなんかカーボン柄に似てない?(笑)

carbpai_2.jpg

つーことでさっそく家に戻り缶スプレーの銀と黒とクリアを用意し、とりあえず黒い物の上に滑り止めシートをバサっと被せる。

carbpai_3.jpg

そしておもむろに缶スプレーの銀ラッカーを少し離し気味にしてフワっと軽く吹きかけてシートを退けるとホレこの通り。もちろんプラモデルとかオーディオ機器とかの小さなスケールの物だと鑑賞に堪えないクオリティなのですが、クルマのエアロパーツとか遠巻きで見るようなある程度大きな物なら結構ソレっぽいのではないでしょうか?

carbpai_4.jpg

そんなワケで、そのへんに転がってる自転車のフロントフォークに滑り止めシートを巻いて実験君。シート自体にある程度伸縮性があるので曲線もそこそこイケそうじゃん?

carbpai_5.jpg

さて、こんなモンにコツとかエラソーな事書いてるアレでもないですが、銀ラッカーは本当にチョビっとだけフワっと吹く程度のほうがリアリティがあるようです。さらに上から黒ラッカーを遠巻きにフワっと吹きかけてスモークっぽくボカシを入れると奥行きが出るというか深みが増す気がします。最後はクリアーを多めに吹きかけてヌメヌメのグロス状態にするとイイ感じ。ちなみにこの模様は3Kカーボンと12Kカーボンの中間ぐらいの中途半端な感じなので他に何か良い方法がないか考え中(笑)

◎なんちゃってカーボンの施工例
◎カーボン柄表現の究極(反則?)「アルカーボン」

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/635-b0bec66c