無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



新春の暇潰し’12


今は正月!酒飲んでますか?オレは風邪気味なので飲んでません(泣)んなこたどうでも良くて、ボチボチ進めてるフレームの塗装ですけど、全体的にはコイツ年代のわりに案外キレイでインディゴっぽいブルーも気に入ってるしこのまま使いたいぐらいなんですけど、アチコチに下地が見えるようなキズがガッツリ入っているのでそれらが隠れるよう部分的に塗り潰しつつスポーティなイメージを目指そうと、とりあえず紙を切って巻いたりしてカラーリングを検討している図。どうやら去年のアルミフレームに似たレーシングカラーに落ち着きそう。あれの赤が青に置き換わるイメージでしょうかね。

cy_120102a.jpg

今回の獲物はパッと見だと細身のクロモリに見えますが実はプラッチック製(笑)ただしカーボンといっても現代のモノコック・カーボンではなく、工業用の規格品炭素パイプをアルミのジョイントで繋げただけのラグカーボンという20年くらい前の旧世界の遺物です(笑)画像はガッツリと傷が入っているダウンチューブ部の拡大ですが、塗装の下に露出したカーボン地はあの織模様もないただのドス黒いパイプ。。ホントにカーボンなの?とか思ったけど、金属のフレームと違って手で触ると「ぬくい」というかヒンヤリしないのでやっぱりカーボンなのかな?と感じる程度。気になる重量ですがフレームが1,650gでフォークが540gと重量級(笑)鉄よりは若干軽いけどアルミよりは重いようです。このぶんだと完成車重量はどうやっても8kg切れなさそう。ダメじゃん(汗)もはや重量の面では良い所は全然無し。あとは乗り心地がどうかですかね。手に取った感じだと柔らかそう。

cy_120102c.jpg

てなわけで、ガッツリ傷の入った部分はパテを盛ってペーパーで研いで平らにし、サーフェーサーで仕上げてから白ラッカーを塗り足してみました。あとはカッティングで文字を切って貼り、クリアで〆る2コート塗装の予定。グラフィック処理は今回ちょっと派手目でウルサイ感じに行こうかと思ってます。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/547-d050a250