無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



ステルス・ベル(コンセプト)


自転車ブームで交通事故が急増しそのやり玉としてノーブレーキピストの取り締まりが行われるようになりましたが、さらに細かい整備不良や違反を追求すると、警音機(ベル)と前照灯(ヘッドライト)、尾灯(テールランプ)を装備していないロードバイクも摘発のターゲットとなる日がいずれ来るはず。確かに「重くなる、空気抵抗になる、ハンドル回りが狭くなって邪魔」という「ダメ三拍子」なのでロードバイク本来のレーシーでシンプルな機能美を損なうのがどうしても許せない気持ちは解ります。でも法は法ですので守らなければなりません。そこで色々と考えた末に、投光関係は小型のシリコンLEDランプをハンドルやポストにチョコんと巻き付ければどうにか我慢できるレベルに落ち着く。でも金属のお椀型ベルだけは…ランドナーなどのメッキ系趣味車なら渋くて良いですが、スポーツバイクには全然似合わない。どうにかそれを回避する方法がないものか?そもそも、なんで金属のゴングじゃないといけないのだろうか。そういう規定があるわけでもなし、それに、もっと小型にするには金属ゴングなんて発想はこの際捨てなきゃダメじゃない?ということで機械式を一切あきらめ昔の幼児車のような、ボタンを押すとビ~!とブザーが鳴る電子式ベルで小型化を計りどこか目立たない所に隠して設置できればいいワケです。それがコレ!もう隠す場所はバーエンドくらいしかない(笑)ズブリ!

cy_111103b.jpg

自分は電気の知識に乏しく自力では回路設計ができないので、手っ取り早く何か流用できる物が身近にないかと探したのですが、そんなとき100円屋で売っている婦女子用の携帯非常ベル?が良さそうな感じだったので、バラしてそっくりパクりました(笑)ただしブザーだけは直径が大きすぎてハンドル内径に収まらないのでネットでもっと小型の物を取り寄せています。

cy_111103c.jpg

今回はあくまで「”ハンドルバー内蔵型・電子式ベル”ってどーよ!?」というコンセプトなので相当に雑な突貫工事でヒドイ有様ですが、ドロップハンドル内径に収まるサイズに強引にまとめるとだいたいこんな感じ。電源はLR44ボタン電池3つでバーエンドキャップ中心にポチっと飛び出しているボタンを指で押すと「ピヨピヨ!」と珍妙な音が。。でも100円屋の携帯ベルが元々こういう音なので仕方が無い。あとはやっぱり音量が小さいのが一番の弱点。写真には映ってませんがキャップに細かい穴を開けてみたりして音の反響を工夫してみましたが、もっと小型で大音量のブザーを使ったり電圧を上げたりして回路の設計を変えれば改善できるかもしれません。もちろんさらなる軽量・小型化の追求もまた然り。まぁ素人のオレの技量だとこんなもんですが。。現状だと、もし「ベルが付いてないじゃないか?」とツッコミを入れられた時に「ちゃんとついてますよ~!ピヨピヨ!ほら!」という「言い訳程度」のものでしかありません(汗)でもオレ個人的にはそれで良いのではないかとも思っています。というのも普段は小型のベルを仕方なくハンドルに付けているのですが実際に鳴らす事はなく「こんちは~!」と声をかければ充分だもんなぁ。

この記事に対するコメント
これは前後を逆にして、スピーカーを内部に向けたらどうでしょうか? 反対側のバーエンドを開放して、ハンドル自体を管楽器の管として使うという事です。
【2015/02/13 15:02】 URL | i #- [ 編集]

Re: タイトルなし
> これは前後を逆にして、スピーカーを内部に向けたらどうでしょうか? 反対側のバーエンドを開放して、ハンドル自体を管楽器の管として使うという事です。

i様 こんにちは
おお!マジレスですね!ありがとうございます。
共鳴管、面白いアイデアですね。
そうなると出口の所をラッパ状にして、、
などと想像が膨らみますね。
【2015/02/13 22:51】 URL | たらもと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/531-037a641f