無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



スヴァイヴァ


なんだか一生懸命に疲れる事がしたくて季節外れの山道サイクリング。鹿沼方面は景色の良い道路が沢山あるのは解っているのだけれど、クマ注意、マムシ注意、シカ注意、落石注意と、ちょ!おま!危険過ぎ!(汗)という理由もあってオレ的にあまりルート調査が進んでいない土地だったりします。でもさすがにもうクマ公もマム公も冬眠してるから大丈夫だろ!というわけで探検探検。

cy_101229b.jpg

鹿沼市内から17kmほど走って恐ろしいぐらい山の中に来てしまいました。時々民家があって「ああ!助かった!」と安堵するんですがよく見ると廃墟なので激心細くなる。。そしてこの神社も人っ子一人いない廃墟、というか時々見回りが来る管理物件という感じでしょうか。御神木の太さでおおよその歴史がうかがえます。もう全然周囲の雰囲気が違う霊山系でもののけ姫状態。石には苔が生し建物は朽ち独特の凄みがあります。噂には聞いてましたが感動しました。オレは霊感とかゼロですがここは世間で言うパワースポット的なものがあるような気がします。

cy_101229d.jpg

加蘇神社からそのまま引き返すのは何か物足りない感じなので山を一つ越えて大芦川に来ました。こんな感じの溪相が続き気持ちのよい道です。ただ、ベストシーズンは春・秋ですかね。冬は寒過ぎる。この古峰街道を川沿いに20kmほど登ってゆくと古峰神社があるので行ってみます。

cy_101229e.jpg

途中で非常識な大きさの一の鳥居がありビックリ。いくらなんでもデカ過ぎです。これサイズ間違えてるよ!エヴァンゲリオン用かと(笑)ちなみに、古峰街道は登りといっても川沿いの谷間に沿っていてさほどキツイ登りではなく全体に緩やかな感じですが、この鳥居をくぐってからの残り5kmは少々傾斜がキツくなってきます。5~6%ぐらいかな。

cy_101229f.jpg

で、突然雪に遭遇(汗)これは予想外だったニャ~と照れ隠しにキモイ独り言を吐いてみますが、ここまで来て諦めるのもシャクなのでおめおめ引き返すワケにはいかない。という事で突撃!(笑)いきなりトルクをかけるとズルっときてコケるのでゆっくりペダルを回して登れば大丈夫みたい。生きた心地はしないけど。

cy_101229g.jpg

古峰神社はこんな山奥だというのに全国から信徒が集まって結構有名らしいのでさぞ賑やかかと思いましたが茶店は全滅だし人っ子一人いなかった(汗)面白いのは三の鳥居前に妙な輪があり3回くぐるのがしきたりらしい。民俗学で言う通過儀礼ってやつかな?女性器を通って生まれ変わる、みたいな。あとは普通に参拝し、いつになく偽善的に世界平和をお願いしておきましたよ(笑)というわけで下りはジェットコースター的に降りて来て本日の走行距離は106km。平地を130km走った行田往復の時よりも今回の山道100kmの方が体力的にやや辛かった印象です。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/376-73946f88