無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



フレームの強度問題


おお神よ、とうとうフレームにまで肉抜き穴…ではなくむしろ逆に、鉄板を上からもう1枚溶接して補強しました。ロードマンのフレームの弱点は、多分右側のチェーンステーですね。

後ろ三角を切り貼り修正してすでに気づいてはいたのですが、右側のチェーンステーがヨレヨレで非常に良ろしくない。そもそもトリプルクランクのローギアを避けるためにデフォルトでパイプがボッコリ凹まされているのですが、その部分の曲げ角がキツ過ぎて強度が激弱で(金属は曲げ角が90°を超えると極端に強度が落ちる)仮組して走った時にヨレる感じを確認。よくクロモリフレームのバネ感がどうとか聞きますが、オレは高級なクロモリフレームに乗った事がないので何とも言えませんが多分もっとこう「ビン!ビン!」と来るのが理想で、このロードマンの場合「グニュ!グニュ!」といった感じなので明らかに変だし不安も倍増です。そんなわけでヤンキーステーを丁度いい大きさに切ってグルッと溶接して補強した次第。穴はその名残です。まだ乗って試したわけではありませんが腕で掴んで引っぱった感じだと確実に強度が増していてイイ感じです。少なくとも左のチェーンステイと同じぐらいの強度になったのではないでしょうか。ロードマンをレストアしてる方で、もし後ろ三角の剛性不足で悩んでいたらちょっと考えてみてはいかがでしょうか。

rm_flmsfs.jpg

というわけで、悩みの種だったフレーム強度の不安が解決したのでサーフェーサー塗りまで作業を進めました。冬なので塗装の乾きが遅いし、作業自体が寒過ぎてエアガンのトリガーを引くのも嫌になるくらい。塗り終わってからエアガンを清掃するのがこれまたチョーつらいよ。冬にやる作業じゃないですな。嗚呼

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/250-76681e0f