無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



カント角とクリートワッシャ


去年の年末あたりに購入しておいたビンディングシューズをそろそろ使おうと思ったのですが「あぁ、そうか。カント角の問題があったわ。酷いO脚だもんなオレ…」ということで、シューズとクリートの間に挟んで接地角度を調整する“クリートワッシャ”を製作。

ch_cntangl_b.jpg

ともあれ、25mm径のジュラコン(…は商品名で正式名称はポリアセタール:POM)丸棒を旋盤で切って1mm、1.5mm、2mm、3mm厚のワッシャを作成。まぁこんな事をしなくてもモノタロウあたりでポリカーボやレニーのプラワッシャを購入すれば済む事なのですが、せっかく旋盤があるのだし、好きな時に好きな寸法に加工できる利点があるので棒材の状態で材料を購入しました。
ちなみに、寸法は穴がM5で外形は20~25mmぐらいが丁度良いかと思います。

ch_cntangl_c.jpg

それから、一応カント角調整について軽く触れておこうかと思うのですが、人間は足の裏が地面に対して必ずしも水平に接地しているわけではなく、骨や関節の形状によりまちまち。そんなワケでまず自分の足が内向きなのか外向きなのかを調べなくてはならないのですが、そこらに転がってる木材をテキトーに切ってクサビ状の板を作り踏んでみました。
まずは足首が内向き(クルマのサスペンションでいうところのポジティブキャンバー?)になるようにセットしてみるのですが、これはさほどに違和感なし。

ch_cntangl_d.jpg

そして次は足首が外側を向くネガキャン状態で板を踏むのですが…

あっ!イテテテテッ!これギブ!

といった塩梅で、その角度を維持できないくらいの違和感があり、自分の足首は“内向きのポジキャン”である事が確定。

ch_cntangl_e.gif

そんなワケで図のように母子球の直下にワッシャを入れるとポジキャンに。ちなみに内股オヤジは母子球に2mm、三角の頂点に1mmのワッシャを入れてみました。ローラー台では良い感触でしたが、せめて2~30kmぐらい実走してみないとなんとも言えません。

ch_cntangl_f.jpg

それから過去記事“サドルアップ作戦”の発展型として、さらにクリート高を増す目的で3mm厚のワッシャを入れてシークレットシューズ化する事も視野に入れているのですが、女性がハイヒールでゴキッ!と足首をひねる痛そうな映像が脳裏に浮かんでしまい、まだ実用に踏み切れておりません(笑)

ch_cntangl_g.jpg

最後に、足首のキャンバー判定で使ったナナメの木片はこのまま捨てるのも何なので“ワッシャ収納ホルダー”に加工してみました。近年の自分には珍しくステイン仕上げで無駄に心がこもっております(笑)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1187-e30d5868