無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



フォーク長の悶々
ch_frklngt_v.gif

現在作業中(鉄のほう)のMTBですが、とりあえずリアのディスク化が整い「じゃぁフロントはどうするよ?同じようにディスク台座を溶接する?」と問われると「それじゃつまらないような…」というわけで、いっそサスフォークを取り付けてみたらどうかと思うのですが、まぁリジッドフレームとサスフレームではジオメトリがそもそも違うので上図のようにすでにその案は破綻しているワケです。具体的にはヘッド角とシート角、BB下がりが変わってしまいジオメトリ的にもうメチャクチャやん…と。しかし…もうどうせだから無理を承知でこの案をイッてみない!?なんて(笑)

ch_frklngt_a.jpg

そんなワケで「これって送料の方が高いんじゃねーの?」なゴミサスを手配(笑)エアサスは高価でもったいないからコイルばねが入ってる安物をぶった切ってショートストローク化できないだろうか?と。

ch_frklngt_b.jpg

と…その前に、実はサスの分解には専用ソケットが必要だったのでまずソイツから自作するハメに(汗)もうね。アホかと。馬鹿かと。このぐらい普通の六角ナットにしてくれよ…と。ちなみにプラスチックの特殊ボルトを外す工具なので材料はシートポストを切り落としたアルミパイプをリサイクル。強度的にはこれで充分。

ch_frklngt_c.jpg

ともあれ分解はできたものの…スタンションはサビだらけで頑張って赤サビを落としても肌が荒れてるし、レッグと摩擦する部分はメッキが死んでるし、このままでは見た目も悪いうえにすぐにまたサビが吹き出るに決まっているのでどうにかしないといけません。しかし、再メッキは困難だし摩擦する部分だから塗装も無理だし…となると、もう例のアレしかないでしょう!(笑)

ch_frklngt_d.jpg

YES!! 黒サビ変換~!!

…ガンブルー液恐るべし!

ch_frklngt_z.gif

さて、だいぶ寄り道ばかりしてますが肝心のショートストローク化のほうをボチボチと。実は分解してみて自分も初めて構造を知ったのですが、スプリングがスタンションを押しているのではなく、スタンションの中のスプリングがシリンダー底部のロッドに押されて伸縮している仕組みなようで、当初は気楽に「スプリングを短くカットしちゃえば車高が落ちるじゃん?」ぐらいに思っていたのですが、この構造だとスプリングを短くするとその分の隙間が出来てしまうので何かスペーサを入れて帳尻を合わせなくてはならない事に。

ch_frklngt_e.jpg

ということで、用意したのは水道用の塩ビ管(笑)だって寸法がピッタリなんだもの。それに軽くて丈夫だし値段も安いと三拍子そろってますし。ちなみによくあるグレーの塩ビ管ではなく“耐衝撃性”の黒管を使用しました。強度や耐候性に優れているようです。値段は何十円か違いますが微々たるもんですのでこちらをセレクト。
それから、今回は100ミリストロークのサスを60ミリまで落す予定なのですが、スプリングの全長×60%でカットするのではなく、サスの首下長(ステアリングコラム根元からハブ軸中心までの距離)を測り、目的首下長までの縮小率を割り出し、それをスプリングの全長に掛けてカット寸法としました。(ちなみに86%でした)

ch_frklngt_f.jpg

スプリングのカットとスペーサの作成も済んだのであとは組み立てるばかりですが、シリンダーのダストシールがボロボロ過ぎるので交換しなくてはなりません。しかし、古い安物サスゆえ純正交換パーツなぞ最初から期待できないので、カタチは若干違うけど同じ径サイズの“工業用の汎用ダストシール”をネットで探して取り寄せました。中国から送料無料で送ってもらい1個250円なり。ボク中国大好きな赤のどん百姓!(笑)

ch_frklngt_h.jpg

そんなワケで無事ショートストロークサスの完成。見るからに短い(汗)でも黒染めしたスタンションが黒サバ色で思いのほかカッコイイので許す!まぁまだ耐久性を確認してないのでなんとも言えませんが、ボロいMTBのレストアにこれは案外「アリ!」かも?

そうそう、肝心のストロークですが、計算どおり100ミリから60ミリにちゃんとローダウンしました。ちなみにサスフォークの首下長は460ミリから420ミリまで落ちましたが、それでもまだ純正リジッドフォークの首下390ミリより30ミリも長いのでこれを取り付けてもフレームのジオメトリ的には正直キビしい気がしてなりません…



というワケで、仮組みして具合を調べる“審判の日”キタコレ!どや?
(※マウスカーソルオーバーでサスフォークとリジッドフォークの写真が切り替わります。)

むぅ。やっぱり寝てるかなぁ…シート角。

もう一度分解してあと5ミリぐらいスプリングを切るのはやぶさかではないのですが。。
というか、どうですかこれ? 許せる範囲ですか?(笑)

うぁああああ悩ましいなぁ~!

この記事に対するコメント
最後の手段はダウンチューブをどつくか、トーチで炙って「へ」の字に・・・
【2017/12/10 23:37】 URL | 通りすがりの愛読者 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
読者様 こんにちは

> 最後の手段はダウンチューブをどつくか、トーチで炙って「へ」の字に・・・

うむ。いいアイデア(笑)
ただその前にできることまだありそうです。
もしくはもう飽きて投げるか(汗)

たらもと
【2017/12/11 07:19】 URL | たらもと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1152-1443e754