無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



むらッ気


件のMTBはコツコツと丁寧に下地の処理を続けあとはもう色入れをして仕上げるばかりの状態までこぎつけました。が…何故かここにきて急に「このまま小ギレイに仕上げてまた観賞用のチャリが増えるだけだなぁ」などと冷めた気持ちになり「そういや当初は激藪突撃用のガサツな特攻機を作ろうとしていたハズなのに、なぜ見た目がきれいなMTBを作ろうとしてるんだオレ?(汗)」などと、自分でも一体何を目指しているのよくかわからなくなってきたのでやむなくここで一旦ペンディングに。

そんなワケで、作業中のフレームは今はひとまず置いといて、「ではこれから先、何をどうしましょう?」となるのですが、その答えは…

ch_cmtbpdg_b.jpg

ウチに転がっているコイツ(笑)

かつて90年代にかけてMTBブームが起こり、その頃世間では蛍光イエローの迷彩とかピンクやパープルのメタリックとかイカれたカラーリングのクロモリフレームが大量に出回り、国産車だとアラヤのマディフォックス、パナソニックのマウンテンキャット、ブリジストンのワイルドウェストなどが人気だったのですが、コイツはそのどれでもない正体不明の鉄フレームで、BBやヘッドチューブ内を覗いて見た感じだと肉厚の薄さからクロモリだと思うのですが、重量を測ってみると2.8kgほどあるのでどうやら後ろ三角はハイテンっぽい。いやそんな事はもはやどうでもいいですけど(笑)

ch_cmtbpdg_c.jpg

てなわけで早速、不要なものはどんどん切り捨て。写真はカンチ台座とワイヤーアーチですがさすがド鉄は重いですね。アルミだったらこの半分ぐらいの重量でしょう。てかそんな事より「ブレーキ台座を切り落としてどーすんの!?」って感じですが、実は以前からやってみたかった事がありまして、カンチブレーキ車にディスクブレーキを無理矢理取り付けてみたらどうなるのかなぁ…と。

ch_cmtbpdg_d.jpg

といったわけで、まず前準備としてそこらに転がっている鉄のバーをテキトーに切ったり叩いたりしてブレーキ台座を作成。厚さは約4.5mmといった具合ですがホームセンターで売っている鉄製品などは大抵軟鉄だと思うのでそのくらいは必要でしょう。しかしそれにしてもデカ過ぎやしないかとも思うのですが、削るのは取り付けた後からでも出来るので最初はこのくらいでOK。

ch_cmtbpdg_e.jpg

それぞれのパーツの位置関係を調整し、ブレーキレバーを握ってキャリパーがローターを咥えた状態をキープしつつ、ここで手早く点付け溶接をして台座の位置を固定しなくてはならない忙しなさ(笑)

ch_cmtbpdg_f.jpg

そんなワケで、溶接がヘタクソな鬼盛りだけどとりあえずガッツリ固定完了。一応グラインダーで軽くカタチを整えましたがブレーキ作動時に一体ここにどれくらいの力が加わるのか自分でもよくわからないのでとりあえず少し無駄肉を残しました。ここが「ポロリ」なんて事になったらシャレにならないので。ちなみにこの台座は俗に言う“インターナショナル”ってタイプだと思います。本来ならステーを省いて直接フレームに取り付ける“ポストマウント?”のほうが良いのですが台座の製作精度がシビアになってくるのでこれでカンベン。
それから、動作のほうですがあっさり正常で問題なし。まぁ実際に走ったわけではないので早計ではありますが、今回のような強引な改造で古い鉄フレームを現代的なディスク車に改修できる可能性は充分ありそうです。ウフフ

この記事に対するコメント
シフトワイヤがダウンルートだったりストレートドロップではないロードっぽいエンドでかなり年代物でしょうかね?
でもキャリアダボは無いみたいですしマスプロではなく意外と良いものだったりして!?
こんな時代のフレーム大好きです。最新のブレーキシステムで現代に甦る!完成が楽しみです。
きっとやぶ漕ぎのタフな相棒になってくれるでしょう!
【2017/11/12 18:11】 URL | 通りすがりの愛読者 #JalddpaA [ 編集]

Re: タイトルなし
親愛なる読者様(笑)
いつもありがとうございます!

かなりマニアックな趣向をお持ちのようで(笑)

あと、あやふやな記憶ですが、ダボはあった気がして
10年前ぐらいの全塗装の時に多分落としてるはずです>オレの事ですから(笑)
エンドもロードっぽいですが調整ピンが通る穴がなく
メクラ蓋のようなもので塞いでいるだけなので、多分安物です(汗)

でもまぁ、このネタがうまくゆけば90年代のMTBなんて
ヤ○オクで拾い放題ですから一気に楽しみが広がりますね!
【2017/11/12 19:46】 URL | たらもと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1145-1652a503