無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



リアエンドハンガーの調達


先日、2000円で拾ったゴミみたいなMTBフレームが届き、欠損しているリアエンドハンガーを手配しようとヤフオクで大量に並んでる1000円くらいの物をチェックしてみるものの形状が合致しそうな品物が無く、そこに至ってようやく「そういえばコイツよく見るとスゲェ変な形したリアエンドじゃん?」と気づき、どうしたもんかと思案(笑)

ch_rehngr_j.jpg

そんなわけで、やむなくネットで世界中を探しまくり「たぶんコレかな?」と思う物が上記の画像です。思わず「キネシス?何だそりゃ?」と唸るのですが、そもそもフレームという物はビルダーがすべてのパーツを工作しているわけではなく、パイプメーカーが販売しているBBとかヘッドチューブとか既成のパーツを組み合わせてフレームに仕立てるのが通常で、こういったリアエンドなんかも同じタイプのものが全く別のメーカーやブランドのフレームで使われていることがしばしばあり、もし聞いた事の無いチャリ用だったとしても形さえ合っていれば良いわけです。
てなわけで「では!コレください!」となるワケですが、コイツの取り扱いがwiggleのような日本人にやさしい有名サイトではなく、モロにローカルなサイトだったもんでしばし悩む。。そして金額も3000円+海外送料という本末転倒で「2000円のフレームにこの金額はいくらなんでもイヤ過ぎる!」という事でやむなく自作決定(正直嬉しくはない)。

ch_rehngr_b.jpg

というわけで、ゼロから作るのはキビシイのでまず材料を用意するのですが、今回はホームセンターのなんちゃってスポーツ自転車に採用されている「Tourney」を壊して部品を調達する事に。使うのは写真左のハンガー部なのですが、これはハブ軸とリアディレーラーのピボット穴の関係が正確に保てるのでこのパーツをベースにビルドアップするほうが都合が良い。ちなみにネトオクでは1円とか100円とかの中古が出品されているので見つけたら何かのついでに手配しておくと良いでしょう(可哀想だけど…)。

ch_rehngr_c.jpg

そしてTourneyの余計な部分を切り落とし、他に必要な部位のパーツをいくつか旋削して現物合わせで仮溶接。この後これをフレームから一旦外してコッテリと溶接で肉盛りして目的の形に削って成形してゆきます。

ch_rehngr_d.jpg

さらに精度が必要な部分は工作機で切削加工。だいぶ形が近づいてまいりましたヨ。

ch_rehngr_f.jpg

というわけでとりあえずカタチになりました。海外通販の画像とはやや違う形状ですが、強度が必要な所と削ぎ落すべき所を自分なりに考えてこうなりました。あとは実際にホイールを取り付けてみて狂いが無いかどうかのチェックですが…

ch_rehngr_g.jpg

押忍!ビタッと中心!軸の狂いは特に無し。まぁこれもひとえに人身御供のTourneyと工作機のおかげなのですが。。

ch_rehngr_h.jpg

次はテストベンチにドライブトレインを仮組みして実際にちゃんと変速するかどうかの駆動テスト。最初は「あれ?チェーンラインがズレて歪んでるよ?」と思ったのですが、歪んでいたのはハンガーではなく中古のリアディレーラのほうだった(笑)やむなくディレーラを分解してケージをハンマーで叩いて修正するハメに。もちろん自作ハンガーには問題なし。やれやれ。。

ch_rehngr_i.jpg

それから、今回は鉄で作ったので重量はそれなりに嵩みました。でもこれだけ複雑な形状だとアルミの塊から一発でこれを削り出すのは困難で、部位ごとに何ピースかに分けて最後に溶接で接合するやり方が現状でベストだと判断し、溶接が簡単な鉄で作る事になりました。
他にも、もしアクシデントなどで衝撃が加わった場合アルミだとポッキリ逝くと思うのですが、鉄の場合は粘りがあるので折れる前にグニャリとひん曲がり、最悪は足蹴りでも入れて応急処置し、どうにか帰還する事ができるかもしれないので鉄にメリットが皆無というわけではありません。

以上。これにて作戦終了!お疲れ様でした!


…え?今回ほかに報告する事があるだろ?…ですって?

ええ…まぁ…その…増車も決定です(汗)

総予算2万円程度のゴミベースですけどね。探査用、もとい藪突入用の挺身機ですので。

この記事に対するコメント
はじめまして。ディレイラーハンガーを自作できるとはうらやましいです。
 こちらはマイナーなメーカーのフレームに乗っているのですが、転倒して新品を手配せざるをえませんでした。ただ、純正品の値段を見て目眩がしたのでebayで探して送込300円で似たようなのを見繕って使っています。届くまで三週間もかかった上、加工が少し甘いです。値段を考えると文句は言えないのですが。
【2017/08/15 19:11】 URL | 新じゃが #- [ 編集]

Re: タイトルなし
新じゃが 様 どうもはじめまして。

海外を探して互換品が見つかったようで何よりです。しかも300円とは!

自作は最終手段、もしくは娯楽の一種で、
こんなのでも材料費はすでに5~600円ほどかかってますし、
製作に丸一日を費やしているので
もし自分の人件費というものを勘定するなら大赤字です(汗)
なのでこういうのは自分にとって
面倒くさい事を楽しむ娯楽なのでしょう。
困った趣味です。

【2017/08/15 23:22】 URL | たらもと #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1121-4f63f4e6