無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



'17夏のほうび録


以前から特にコレが欲しいと思っていたわけではなく、今年も折り返し地点を通過したという「気分的な区切り」の意味で、定価約4万円のMTBホイール(の型落ち)を1.8万でもぎ取ってみました。元々吊るしで乗る予定だったMTBなのですが、あえてどこかに手を加えようとするなら、やっぱり足元(車輪)から…という事になるのはクルマやオートバイでも同じでしょう。ただしチャリの場合、パーツ交換による性能向上はモロに乗り手の体力次第なので、せめて乗り味の違いが「気分的」に体感できれば投資には充分見合う…ハズ(笑)

ch_flcrm_rdpw_b.jpg

さて、今回仕入れたMTBホイールはフルクラム・レッドパワーで、エントリーグレードの物ですが、フルクラムはイタリア・カンパニョーロ社によるシマノ規格のパーツブランドなので造り自体はそう悪くも無くお買い得な内容に思えます。
そんなワケで、ボチボチ進めてまいりたいと思いますが、チャリは軽さが命!なのでまずは重量測定。後輪は977g(リムテープ込)と1kgを切っているようなのでまずまずではないでしょうか。ちなみに元々完成車に付属していた吊るしの車輪は約1063gだったのでこれで思いのほか軽量化になって嬉しい。まぁ遠心モーメントの中心であるハブが軽くなったところで大した違いはないのでしょうけど。

ch_flcrm_rdpw_c.jpg

前輪は888gと吊るしの917gからたった29gしか軽くなっていないのはハブがスルーアクスル仕様でゴツくて重い上に9mmクイックレバー用のアダプタを差し込んで余計な重量が嵩んでいるから。マウンテンバイクはハブシャフトの強度が必要なので軸の大口径化が進んでいるようですが、行く行くはロードバイクもそうなりそうなので今のうちに触っておくのも良いかと思ってこの仕様をセレクトしてみた次第。良くも悪くも「全てはシマノのシナリオ通り」なんですよね。自転車業界は。

ch_flcrm_rdpw_d.jpg

さて、肝心の取り付けのほうですが、とりあえずディスクローターを新しいホイールに移植することに。まず古いホイールのほうですが、自分のはシマノのセンターロック式なので同社のスプロケ・ロックリング回しで外せるようです。ちなみにものすごい力で締結してあるので、外れた時にスカッ!とレンチを空振りして周囲に手をぶつけて怪我などをしないように気をつけたほうがよいです。

ch_flcrm_rdpw_e.jpg

そして今度は新しいホイールにローターを移植してロックリングを締め込み。ちなみにフルクラムのセンターロックリングはなぜかシマノのBBカップ回し工具で締め込むようになっていて「何それ?」って感じですが、もしかして15mm径のスルーアクスル穴が大きすぎて干渉するからなのでしょうか?…でもまぁ独自規格でやられるよりはマシですけどね。専用レンチを別途買わされないで済むだけでも。

ch_flcrm_rdpw_f.jpg

あとはタイヤとチューブを外して付け替えるだけなのですが、折角なのでチューブとタイヤの重量も計測してみることに。結果はチューブ一本182g…自分はロードバイクの知識しかないのでこの数字は「かなり途方もなく重い」感じがするのですが、太っといタイヤ径からするともしかして充分軽量だったりするのでしょうか?
ちなみに、普段自分は軽量化にこだわるほうですがマウンテンバイクの場合は仮にこれ以上薄い軽量チューブが市販されていたとしても交換する気にはなれません。だって熊がウヨウヨしているような山中でパンクとかマジ勘弁ですからね(笑)

ch_flcrm_rdpw_g.jpg

こちらはブロックタイヤの重量。多分これでもかなり軽量なほうなのだと思う(汗)ちなみに一度パンクの経験アリで、小さなバラ科の植物の棘がアッサリ貫通していたので肉はかなり薄い気がする。ちょっと心配だけど結構走りが軽いタイヤで自分的には気に入っているのでできればこのまま使い倒したい。でも山はクマが…。

ch_flcrm_rdpw_h.jpg

タイヤを嵌めればあとは車体に取り付けるだけなのですが、案の定ローターとブレーキパッドのアタリが変わってしまっているので一度キャリパーの取り付けボルトを緩めてマウント位置の調整をするハメに…こういうところが何気にメンドクサイ。。でもまぁ使ってみると、やっぱり素晴らしいですよ「油圧ディスクブレーキ」って。ロードのキャリパーブレーキだと長い下り坂でレバーを握る手が痛くなってきたりするけど、油圧ディスクだと笑えるくらい楽勝ですからね。もちろんディスクブレーキにもデメリットはあって、転倒したときにローターが刃物同然となり、プロのロードレースなんかだと集団落車で揉みクチャ団子になった場合に手足を切断する危険なんかもあって選手からは反対の意見も少なくないのですが、アマチュアが週末にサイクリングを楽しむ用途ならかなり快適性が高いブレーキシステムではないかと。

ch_flcrm_rdpw_i.jpg

…とまぁだいぶ話が脱線しましたが、リアのブレーキは位置が偶然バッチリ合っていて無調整でイケました。が、スプロケとチェーンのラインが微妙にズレて変速がダルくなってしまったので調整して回復。

ch_flcrm_rdpw_j.jpg

もとあれ取替え完了~。見た目はほとんど…印象変わらず。でもまぁ吊るしの車輪よりもロゴ文字が太くてクッキリ明瞭になったので若干元気が出た感じでよろしいのではないでしょうか。それとグラフィックがグランジファッション的でいかにもエクストリームっぽいですよねMTB系パーツって。ロードとはまるで毛色が違うのが面白い。まぁ見た目は「変わった」と思えるかどうかの自己満足ですからね。自分的にはこれで充分です。
あとは肝心の乗り味のほうですが、近所を乗り回してみた感じだと、軽さが増したような気はしますね。たぶんプラセボだと思いますが(笑)それから強度や剛性うんぬんは分かりません。たぶん山に行っても自分は安全第一で全然攻めないチキン野郎なので。だって壊しちゃったら終りですからね>バイクも、自分の体も。笑われようがなんだろうがチキンに徹するのもまたある意味で勇気。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1117-0ea36b80