無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



真上男丸柏木線(林道)


今回は時間がないのでまた近場なのですが実は気になっていた林道がありまして、以前の記事の「海無し県の人魚伝説」で紹介した西片町(現栃木市)のあたりなのですが、現地に行ってみたら自分が想像していたのとあまりにも状況が違ったのでひっくり返った次第。。まぁ発見といえば発見でしたが。

cy_170416b.jpg

そんなわけで、まずは以前の「八百比丘尼堂」を探していて偶然見つけた林道を通って現地に向います。ここも個人的には結構気に入っている林道で、実は名称も解らぬまま使っていてどうしたもんかと思いましたが今回詳細がわかりました。

cy_170416c.jpg

つーか峠付近で思いっきり記念碑が建ってた(笑)そんなわけで以下が書き写しです。林道じゃなくて地元の生活道路だったようです。なるほど。

村道八十二号線改良工事
総工費 壱億七千八百五拾万円
延長 二、四七四米
昭和四十七年四月着工
昭和五拾五年三月完成
西方村長 渡辺健雄

cy_170416d.jpg

ともあれ、村道で尾根をひとつ越えようやくその延長線上に目当ての林道がある道路までやって来ました。そしてその道中にある石碑が気になったので近寄ってみますと「馬頭観音」と書いてあり、立派な献花台まで拵えてあるところを見ると「さては馬に荷を引かせ、峠を越え尾根の向こうの町まで物資を運搬したりしていたのかもしれない。これは案外歴史のある峠かもしれないね!」などと勝手に期待が膨らんだりしておりました。

cy_170416n.jpg

というのも、約100年前(1894~1915年)の地図にはしっかりと道が書いてあるから。それに比べて現在の国土地理院の地図には途中まで林道が延びている程度しか記載されていない事を考えると、ちょっとワクワクしてしまうじゃないですか?(笑)でも、実は以前の探索でロードバイクで途中まで来まして、そんな道なんか存在しないであろう事がすでに解ってしまっていたりして。。

cy_170416e.jpg

はい。これがその理由。そして堂々の終着点。。手前の小さな橋を越えた先から舗装が終ってダートが始まり、その奥はどうみても現役の石灰石の採掘所です。。でも今日は日曜日ですから採掘所も休みだろうし、勇気を出して突き進まないと真実にはたどり着けません!という事で、もし作業中の人がいて怒られたら速攻で逃げ帰る心構えをしていざ前進!

cy_170416f.jpg

うひ~!どう見てもおもいっきり社有地~!
入ってはいけない雰囲気醸しまくり~!怖い~!


cy_170416g.jpg

…とビクビクしながら進み続けて採掘所を抜けた途端に、なぜか唐突に道路復活!しかも何気にちゃんとした舗装路!え?何ソレ?意味わかんない!!!

cy_170416h.jpg

しかしその答えは注意書きの看板の下に思いきり刻まれておりました。。しかも平成じゃん…よりによってまだ新しい林道じゃないかよ。。そんなワケで、良いのか悪いのか名称も判明しました。「真上男丸柏木線」という何気にカッコイイ字面(じづら)です(笑)

cy_170416i.jpg

嗚呼…普通の舗装林道。。でもまぁ森林浴みたいなもんで、これはこれで楽しいのでOK。というかこれならMTBじゃなくてロードバイクのほうが良かったけどネ。。「そもそも何でこんな立派な現代の林道なのに地図に記載しないんだよ!」などと道々考えたのですが、さっきのアレがナニしてソレで公的な地図での表記を伏せていたりするのかなぁ?なんか不自然でしたよねあの状況。。

cy_170416j.jpg

道路はおおむね植林された杉林の中を通るのであまり景色はよくありませんが頂上付近は一気に伐採が進んでいて急に視界が開ける驚きの開放感!(笑)ちなみにこのとき4台のオフロードオートバイが後ろから走り抜けて行きました。今日出合った車両はそれだけです。どうやら支線の作業用道路(ダート)を走って遊んでるっぽいです。人力のオレにはそんな余裕はないけどネ。

cy_170416k.jpg

あとは、林道の入り口にも捨て看板が立っていましたが、いたるところでプチ崖崩れが起きている感じで、全ての法面がコンクリート加工してあるわけではないので仕方がないといえば仕方がない。予算の都合なのかも。しかしまぁ、サッカーボール大の岩が道路に転がってるところなんかをたまに目撃すると、万が一走っている時にこんなモン横から食らった日にゃひとたまりもないよなぁ。。なんて考えなくも無いですよね。

cy_170416l.jpg

ともあれ無事に林道終了。栃木市西方町真上から登って鹿沼市の柏木まで下りてきました。そこで古びた標識を見つけたのですが、そこには「林道柏木線」と書いてあるので以前の名称がそれなのかもしれません。

cy_170416m.jpg

〆は今回通り抜けてきた山並みと桜をバックに記念撮影。林道を抜けると丁度「粟野総合運動公園」のあたりなので、実はあらかじめ駐車場にデポしておいたクルマに戻りすぐさま帰宅できる手軽さ(笑)
最後に、期待していたものとは大きく違いフタを開けてみたらトホホな内容でしたが、楽しく走れたので結果はまぁ満足です。ちなみに、真上男丸柏木線の全長は約5km、獲得標高は400mぐらいでした。例のアレさえなければ他は全面舗装路なので、ロードバイクでの鹿沼方面への通り抜けサイクリングルートとして良さそうです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1086-9992a8b4