無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



カンパマーノ


ヘンなタイトルですが、従来のシマニョーロとは逆にカンパニョーロのコンポーネントにシマノのホイール(スプロケ)を組み合わせたミックス運用を検討していまして、今回はそのテストです。一応市販品だと「GIANG MARS」という物があるらしいのですがマイナーゆえ入手が面倒。なのでウチに転がってるシマノのティアグラ10速と9速のスプロケットをそれぞれバラし、10速の歯と9速のスペーサを組み替えることで、擬似的ですがカンパニョーロの10速スプロケとピッチが近くなるので、ちょっとやってみようかと。

ch_cpmnsp_2.jpg

というわけでお馴染みのテストベンチ。早々に結論を言ってしまいますが、思わずポカーン…となるくらい難なくシンクロしました。シフトチェンジがスッパスパ決まってむしろ従来のシマニョーロよりもこっちのほうが断然調子が良いくらい。嬉しいやら悔しいやら、複雑な気持ちです。。でもホント調子イイですよこの組み合わせ。

ch_cpmnsp_3.jpg

ただし欠点もありまして、スプロケ全体の嵩が増してしまうためチェーンラインがフレームに寄ってしまいリアエンドとチェーンのクリアランスがギリギリというか微妙に干渉してるっぽい。それにスプロケのロックリングもネジ山一本分ぐらいしか締められない浅噛みなのでいくらなんでもこれでは問題が有りすぎです。

ch_cpmnsp_4.jpg

そんなワケで、対策としては、フリー長に余裕のある11速ホイールに組み込んでみてはどうだろうかと思い、とりあえず突っ込んでみたのですが、11速ホイールに付属する1.85mm厚のロースペーサだと本末転倒だし、ロースペーサ無しではいくらなんでもガバガバ過ぎるので、10速用の1mmロースペーサを挟んで取り付けてみる事に。

ch_cpmnsp_5.jpg

うん。バッチリ。ロックリングもキチンと余裕を持って締められるし、お正月恒例の本組みはコレで行ってみようかと思います。

ch_cpmnsp_9.jpg

それから、今回テストしたカンパニョーロのコンポーネントは、最低グレードのXENONで「安カンパろう、悪カンパろう」なイメージがありますが「カンパニョーロのグレードの高・低は材質や仕上げの違いであり性能に関しては全て均一」という事だそうなので、虚栄心さえ捨てれば全然問題なし(笑)価格に関しても一般的に「カンパは高級」というイメージがありますが、それは日本に正規輸入されるグレードが高級な物ばかりなのでそう見えるだけで、海外通販を利用すれば安いグレードも手に入るので興味がある方は調べてみてはいかがでしょうか。ちなみにXENONはシマノで言うところのTiagraとSORAの中間ぐらいのグレードに相当しますが、為替相場やショップのセール企画など上手く利用すればそれらよりも安く入手する事も可能だと思います(特にシフターの割引がハンパない)。

ch_cpmnsp_6.jpg

話がそれましたが、今回はあともう一つのテストをしてみたのですが、ローギア3枚が非分解のスパイダーアーム式スプロケ(105以上のグレード)の場合はどうなるのか、とりあえず現状で交換可能な4枚のスペーサを9速用に差し替えてテストしてみたのですが、途中までは結構上手くゆくのですがやはり下3速がネックというかどうやってもグダグダで、歯が全部バラせるティアグラのほうが断然調子が良いようです(と言ってもティアグラとて上3枚と下1枚は差し替え不能なのでたいした違いもなさそうなのですが)。

ch_cpmnsp_7.jpg

でもちょっと待てよ?9速のスペーサが2.56mm×5枚=12.8mmだとすると、12.8mm÷4=3.2mmだよな?…てことは8速スプロケをバラした3mmスペーサを入れればイケるんじゃね?と思って入れてみたらビンゴ!…というほどでもありませんが、9速スペーサの時よりはマシというかどうにか全部の歯がシンクロするようです。これをシビアに調整し時々チェーンがチャラつくのさえ我慢すればどうにか実用まで行けない事もなさそうですが、正直あまり気が乗りません。でもまぁスパイダーアーム式のスプロケの場合は1mmロースペーサを省いて組み込むとスプロケ全体の嵩が丁度良い感じだしチェーンラインもほぼ正常範囲になるので、最大の利点は旧来の10速ホイールでも使用可能なところでしょうか。う~ん一長一短ですね。

ch_cpmnsp_8.jpg

まぁそんなワケで、左側が10速ハブ対応のスパイダーアーム(105ベース)式で、右が11速ハブ対応のティアグラベース式です。一応、もったいないのでバラした各スペーサは実験後に元のスプロケに戻し、代わりにアルミA5056でそれぞれのサイズのスペーサを作成しました。旋盤でアルミパイプを輪切りにすればこんなもんナンボでも出来るので(笑)
さて、総括しますと、カンパ組みのチャリでシマノ規格のホイールを使うカンパマーノ(逆シマニョーロ)は概ね可能かと思われます。当ブログのように今までシマノジェネリックパーツが中心だったチャリいじりも、カンパニョーロ規格でのチャリいじりへと裾野が広がってより一層楽しくなりそうです!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1057-bf9a5ffb