無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



シーラントパニック


1号機以外のホイールも順次チューブラーテープを張替えておこうかと思ったら、タイヤシーラント剤が固着していて空気を足すことも出来なければホイールからタイヤを外す事もできず、バルブエクステンダーをペンチで挟んで動かしてみようとするも噛み傷でガチャクチャになるだけでどうにもならず。。果たしてこの窮地、迎える結末は、悲劇的か?喜劇的か?過激的か?

ch_bad_ts2.jpg

というわけで、まずタイヤを引き破いてバルブのみの状態にし、ペンチとバイスプライヤーでガッツリ噛んで強引にヒネリ抜くという「過激的」な選択となりました(汗)先に抜けたのは真鍮のバルブ本体で、バルブエクステンダーを渾身の力で引っこ抜いたらホイールに圧入してあるアルミのスリーブごと抜けてしまい「あぁっ!もうとっくに製造終了でただでさえ現存数が減っているREV-Xがぁあ!」などと、元々安値で買い叩いたジャンクだということを棚に上げて大げさに狼狽(笑)

ch_bad_ts3.jpg

でもまぁ、そんな時は落ち着いて旋盤に向かい、6.3mmのドリルを通して中に詰まったバルブエクステンダーを削ってしまえばいいだけです。ちなみに元の穴径は6.5mmっぽいのですが、いきなり6.5mmのドリルを通すのは嫌なので試しに6.3mmを通してみたらキレイに抜けたので結果オーライ。

ch_bad_ts4.jpg

最後はアルミスリーブを木槌で少しずつ丁寧に叩き入れて無事完了。悲劇にも喜劇にもならないでホントに良かったよ(笑)ちなみに、バルブをむしり取られたタイヤ本体がどうなったのか気になりますよね?どうせもう捨てるだけのゴミだし、いっそ解剖して中身のシーラントがどんな状態になっているのか検死してみたいですよね?

ch_bad_ts5.jpg

というわけで、腹を割いてチューブを取り出し「開き」にしてみました。シーラント剤をインストールしたチューブラータイヤの中はこんなふうになってま~す!でも今回の件で、オレはもうタイヤシーラントを今後使わない事に決定~!
多分、半年ぐらいで安いタイヤを使い切ってしまうユーザーならタイヤシーラント剤は便利なのかもしれない。でも普段はクリンチャータイヤを使い、決戦用や観賞用でチューブラータイヤを使う人は、今回のような事象も視野に入れたほうが良いのではないかと思います。

あとは、パンクしてから注入するタイプの「タイヤ修理剤」という物もあり、アマゾンでの他のユーザーの評判はなかなか良いようです。実はオレも1本持ち歩いていますがそれ以降旅先でパンクをしたことがなくいまだ使用感は不明のままですが。。あとは消費期限内に使いきれるのかどうか、それとパンク1回あたりのコストを考えると結構悩むアイテムですけどね。ただチューブラーの場合は修理剤以外の修理の選択肢が「タイヤの丸ごと交換」ぐらいしか無いのでどうにもならないのが現状かな。。
それから、クリンチャータイヤだと自力でチューブ交換をしたほうが無難だとは思いますが、女性や子供の場合、出先の路上で額に青スジが浮かぶほどにクソ硬いクリンチャータイヤの嵌め込み作業がちゃんと出来るかというと結構難しいと思うので、1本持たせてあげるというのもある種の「優しさ」かもしれませんね?


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://wasura.blog86.fc2.com/tb.php/1006-79c27884