無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



宇都宮北方守護「羽黒山」


上川内町(現・宇都宮市)の歴史は、古くは古墳時代まで遡り、羽黒山(古来の名称は河内山)とともに発展してきたという。そしてその山頂にある羽黒山神社は一説によると康平年間(1058~1065)頃、宇都宮城北方の守護神として創建されたという(上河内村史より)…とまぁもはやあまりに長い歴史ゆえ我々現代のサイクリストにはピンと来ないというのが正直なところですが、市街地からもほど近く市民らに愛される憩いの場であり、またキツイ勾配が続くヒルクライムコースとしての魅力も併せ持ったロケーションでもあるので、ここにご紹介したいと思う次第です。

[続きを読む]


メモ取りPC


近頃、図書館での資料漁りにおいてキャンパスノートにメモを取る作業がイチイチ面倒臭いうえに誤字脱字も多く帰宅してからPCにタイプする際、自分で書いておきながら「字が汚くて何て書いてあるか読めねーよバーロー!」などという目も当てられない不毛に陥り、それを打開すべく小型の安いPCを導入しようとネットを探していたら「ドンキの2in1が¥19,800」という驚異的な安さだったので行って買ってきた(笑)特徴はOSがアンドロイドではなくちゃんとWindows10でWordやExcelなどもプリインストされてる点に思わず関心しました。またキーボードを分離すればタブレットにもなり、カメラも付いているので複雑な図案などはページ丸ごと撮影しちゃえばノートに書き写す必要も無し!今までの苦労から一気に開放され非常に満足です。まぁマシンスペックについては本来ならエイサやアススあたりの定番モデルをチョイスするのが正しいのでしょうが、自分はメモ取り以上の事は求めてないので現状で特に問題無し。


いつかは小積さん


近年自分はフルカーボンホイールの扱いの面倒臭さからもう性能は気にせずアルミ+カーボンのクリンチャーで充分と判断し、長らくM社のコヅミック・カーボンをネトオクで探しつつも中古相場は7万とかゲロ吐きそうな高値安定で、自分的には「型落ちでシールは剥がれキズとかヨゴレとかサビとか噴出の程度が悪いヤツでいいからもっと安いのないの?そんなに出せねーし…4万円台で即決なら…」などと思いつつ忘れた頃に降ってきたのがコイツ。しかし、届いてから少し走ったり眺めたりしたらなぜか急に思い入れがなくなってしまい実は自分でもすっかり忘れるくらい何ヶ月も放置していた件。。

[続きを読む]


空梅雨の候


週末は雨が降ったら工作でもしようかと思っていたのですが、梅雨時にもかかわらずなぜか晴れてしまうのでついついサイクリングをして過ごしガチ。そしてこんなに暗くなるまで一体どこをホッツキ歩いていたのかというと、日光方面を横75km・縦1600mほど(笑)クルマ・ワープを使うとついつい時間にルーズになってしまいますネ。。それから、最近の傾向ですがサイクリングはコースの概要やウンチクを充実させようと図書館で情報収集してから記事を書く習慣になったせいか今日の事は当分先になってしまうので、撮影済みの別物件か、放置していたチャリ記事なんかを掘り出してアップしようかと思っています。最近DIYネタが少なくて色々とドすみません。


宇都宮アルプス 大網林道網


宇都宮の北部に位置する篠井富屋連峰は「宇都宮アルプス」とも呼ばれ主に登山コースとして親しまれており、サイクリングコースとしての知名度こそ皆無であるものの、そこには複数の林道が張り巡らされ複雑な林道ネットワークを形成しているまさに林道天国(地獄?)ともいえるロケーションであります。

[続きを読む]


珍宝・鞍掛峠(廃道)


宇都宮市新里町と日光市猪倉を結ぶ栃木県道22号大沢宇都宮線にある鞍掛峠は平成9年(1997)のトンネル開通により旧道となるも、峠の小さな祠には御神体が取り残され、時の流れとともに廃れゆくまま、すっかり往来のなくなった道路を今なお見守り続けていた。

[続きを読む]


矢白峠(現役道)


国土地理院の地図を眺めることがすっかり日課となってしまっている現在、図中の「峠」という文字を血眼になって探す有様なのですが、ここはそういったパスハンティング目的で訪ねた宇都宮市の小さな峠道。ネットにはほとんど情報がなく、果たしてここにはどのような驚きと発見が隠されているのだろうか。。

[続きを読む]


塩の道「金山峠」


人間にとって欠かすことの出来ない物質である「塩」。古くから全国各地に海沿いの地域と内陸部とを結ぶ塩の輸送ルートが存在し、ここ北関東にも水戸と宇都宮という主要都市を結ぶ交易路「塩の道」が存在したという。そして、その痕跡を辿るべく、初夏の旺盛な緑の地獄に足を踏み入れる。

[続きを読む]