無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



また終わってる


やっと休日だけど洗濯をしたり掃除をしたり帳簿をつけたり請求書を書いたり去年の流行語は「アベノミクス」だったから今年は「アベノミクス失敗」あたりが堅いだろあと「エボれてる」とか「デングった」なんてのはどうよなどと取りとめのない事を考えながら天気も悪いしなんとなく奴隷号にトライアスロン的な装備を盛ってみたり近所をサクっと流して「オレみたいなチビはやっぱり700Cだとエアロバーの位置が高くて空力的に全然意味ねーや」なんておもむろに650Cと700Cのハンドル高の比較図なんかを作成してみたりして「げ!90mmも下げないと理想のポジションが出ないのかよ!?物理的に不可能だろ…」なんてうなだれたりしてるうちに薄暗くなってきたのでスーパーに行って日用品や酒のつまみを物色して家に戻ってきたらなんか一日が終わってました嗚呼


収束に向かう


皆様三連休はいかがお過ごしでしょうか。オレも三連休で嬉しいです。ところが今週は鼻の奥と喉がヒリヒリして倦怠感ハンパない。でも走った(笑)まぁこのところ減少していた体重が昨日あたりから増加に転じてぼってりした鼻水が出るようになったのでもう大丈夫かと。しかしまぁ忙しさと風邪の影響で肝心の走りのほうはもうガッタガタ。。すっかり「鍛えてる40代」から「普通の40代」に戻ってしまった感じで、現状の忙しさと消耗具合からしてもう長距離や山岳サイクリングはムリっぽいし、これを機にチャリもシーズンオフといった感じです。嗚呼


やむなく、なんだからねっ!


このまま放置してるとブログに広告が挿入されてしまうのでやむなくディフェンス更新。どうせまたワタクシ個人のどーでもいい「忙しい」とか「疲れた」とかのソーシャル禁忌ネタしかなく当ブログを巡回してくださる方には毎度サーセン…そんな感じです。。というわけで工作もチャリも現状では手が付かず、乏しい時間と体力と気力で出来る事といえばGYAOでアニメ(テラフォーマーズと寄生獣がお気に入り)を見たり、今度ディスクホイールに貼り付ける美少女の絵柄をどうしようか?などと、勤め先の「大きいお友達」から秘蔵の書籍を借りて検討しているこの頃です。キリッ!(笑)


ディスクホイール終着点


今まで、いくつかのディスクホイールを自作してきましたが、今回は本物のディスクホイールのドンガラを仕入れた事により、もはや不毛な自作も終わりを迎えようとしております…なんて。まぁこのままではハナシにならないので、中心に残ったハブシェルにベアリングと軸を組み込まねばならないのですが、その前にコイツは石器時代のボスフリー規格なので現代のカセットフリーハブにするにはどうしたものか少し悩む。。でもまぁアルミのシェルが埋まった状態なのでどうにかなりそうです。さすがにそれすらなくてカーボンにただ穴が開いてるだけのドンガラだったら手を出さなかったと思う。多分。

[続きを読む]


惰性も止まりかけ


皆様こんにちは。三連休はいかがお過ごしでしょうか。…フン!どうせオレは二連休だけどな!ムッス~#…とまぁ毎度のお約束はこのくらいにして、ずっと溜まっていた録画断片を編集してまた痛々しい動画をYoutubeにアップしてしまいました。興味のない方には見ていて苦痛極まりない「頭の弱いオヤジの乗り物酔い動画」ですので十分ご注意ください。またそのような事情ですので苦情などは全力でご容赦ください。素人が酔っぱらって作ったホームビデオでカネもかかってませんし、美女も爆発も銃撃戦もありませんので。嗚呼…