無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



秋の痛覚


仕事が詰まっているので5連休は2~3日休めればいいとこですが「休日は一日20km以上自転車に乗る」という自ら課したノルマを回避できて内心ホッとしたよ(笑)。
それはいいとして、日曜はようやく休めたのに毎年この時期になるとやらなくちゃならない「栗の渋皮煮」づくりに専従でガックリ。鬼皮剥きだけで指がモゲそうに痛いし、重層を混入して何度も煮てるというのにコーラみたいに真っ黒な煮汁とアクが止まる気配なし。とりあえず一晩水に漬けて寝かし明日また煮直して加工を続けねばなりません。こんなメンドクサイ事もう何年も続けていい加減に疲れたのですが「これ、うちで採れた栗です。よかったら食べてね」という些細な見栄が何故か捨てられない不思議。たとえば、自分には何の得もないのに蕎麦を打ってわざわざ師走に届けてくれる親戚のおじさんとかいない?そんな気持ちがなんとなくわかった気がするよ。嗚呼…


カンチと振れ取り


自転車屋にパンク修理ボンドとゴムパッチを買いにきた折に処分品棚に積んである800円のブレーキレバーに目が止まる。しかし残念な事にオレのチャリは旧式のカンチブレーキでこのレバーは現在主流のVブレーキ用。Vとカンチではレバー比が違うのですが、軽そうだし安いのでどうしても諦めきれずにいじくっていたらワイヤーフックの部分にヒントを発見。レバーには「C」と「V」の刻印があってフック穴は「V」の方にだけ加工されてる(写真左側)けど、これ「C」の方にも穴を開ければカンチ用になるんじゃねーの?ということでゲットして早速フライスで穴と溝を掘ってみたら(写真右側)全然問題なく使用可能(笑)ついでに左右で70gの軽量化イイ!

w_chari10_2.jpg

カンチブレーキレバーの交換に伴い、またしてもワイヤーテンション調整で地獄輪廻してるのですが、気持ちよくバリっと効くブレーキに調整するにはワイヤーの遊びを極限まで詰めねばなりません。ですがこのチャリのホイールにはブレがあり走行中にパッドが干渉しないようクリアランスを多めに取ってブレーキの引きを甘くしていました。しかしこの際です。振れを取ってホイールとパッドのクリアランスをキッチリ詰めブレーキタッチを改善しようぜ!という事で振れ取りに挑戦。市販の振れ取り器が高額なのでダイヤルゲージをフレームに固定してチャリ全体を測定器と化しチマチマとレンチでスポークテンションを調整しブレ幅を0.3mmまで追い込みました。使える!使えるぞ!ダイヤルゲージ。別に専用の振れ取り台を買う事ないぞみんな!(笑)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


変わり目


台風によりブルーベリーの木の細い幹が1本折れてた他、最後のトドメとなったトマトをテキトーに戻しておいた。もう生産力が全盛期の2割ぐらいまで落ちていたのでそのままゲームオーバーでもよかったのだけど、ゆっくり浸食してくる憂鬱な秋の日差しに少しでも抵抗したかったのかもしれない。夏はオワタ。野菜の食い放題フェアーも。