無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



長野/群馬 国境「毛無峠」


恒例、夏の遠征サイクリング2017は長野県と群馬県境にある毛無峠に行ってまいりました。現地までクルマを運転していてすでに山・山・山の「山尽くし」を通り越し、もはや「山まみれ」といった感想で、もしこの土地に生まれたら一生ヒルクライムコースに困らないなぁ(笑)などと余裕をブッこいていましたが、いざ走ってみたらあまりの自然の雄大さに「すみませんでした。」と半泣き。

[続きを読む]


栃木県道210号の旧道跡


当ブログのサイクリングネタを閲覧されている方なら、この写真に見覚えがあるかと思いますが、これは以前「不通県道126号」に掲載した琴平峠の佐野市側の登り口で、実はこの時に旧道を見つけてしまい…というか後ろの坂がズバリそれなのですが、そのうち調査しようと思いつつ伸び伸びになっていたのでこのたび再調査という運びに。(またもや地方の無名スポットですみません)

[続きを読む]


林道クエスト「天出線」
cy_tndrd_a.jpg

どん詰まりではなく通り抜け可能な林道はないかと、普段から地図を凝視しまくっているのですが、ちょっと気になる林道を見つけ書物などで事前調査をしていたら期待がどんどん膨らみ、いざ来てみたらやっぱりそれ以上でもそれ以下でもなかった…というボツネタです。なので面白くはありませんがブログのネタが乏しいのと、今後マウンテンバイカーやモト・オフローダーが無駄な時間と労力を払わなくて済むようまとめてみました(笑)

[続きを読む]


盛者必衰・足尾銅山「細尾峠」(旧道)


細尾峠は日光市と足尾町(現・日光市)を結ぶかつての国道122号の山越え区間であり、昭和53年(1978)日足トンネルの開通に伴い国道指定から外れ格下げとなった。細尾峠は足尾銅山の隆盛と供に発達し、かつては多くの人や物資が行き来する大幹線となるも、銅山の衰退とその運命を供にし今に至る。旧道となった現在はハイキングコースとしての役目を担い、必要最低限の整備が行われ四輪車での通行も概ね可能な“活きながらえている旧道”でもある。そんな細々とした静かな静かな、長い長い峠道を辿るサイクリング。

[続きを読む]


宇都宮北方守護「羽黒山」


上川内町(現・宇都宮市)の歴史は、古くは古墳時代まで遡り、羽黒山(古来の名称は河内山)とともに発展してきたという。そしてその山頂にある羽黒山神社は一説によると康平年間(1058~1065)頃、宇都宮城北方の守護神として創建されたという(上河内村史より)…とまぁもはやあまりに長い歴史ゆえ我々現代のサイクリストにはピンと来ないというのが正直なところですが、市街地からもほど近く市民らに愛される憩いの場であり、またキツイ勾配が続くヒルクライムコースとしての魅力も併せ持ったロケーションでもあるので、ここにご紹介したいと思う次第です。

[続きを読む]