無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



鉄の赤サビ・黒サビ


ご周知の通り、鉄には赤サビ(Fe2O3)と、黒サビ(Fe3O4)があり、どちらも酸化した状態ながら、ポロポロと剥がれ落ちる汚い赤サビに対して、表面に黒い皮膜を形成し安定した状態を保つのが黒サビ。身近な例を挙げると“鉄瓶”や“中華鍋”などが該当するのですが、他にもハイテン鋼ボルトやコイルバネなどの機械部品で表面が青黒くなっている物を見た事がないでしょうか?あれが“黒染め”といって美観とサビ防止のために鉄の表面に酸化皮膜を生成してあるもので、趣味の工作においても色々と用途がありそうなので、今回は赤サビが浮いているボルト・ナットにテストしてみました。

[続きを読む]


ロゴ消えの処方箋


良くも悪くも工業製品はブランドやグレードなどによりモノの価値(価格)が決まるのですが、日頃ネトオクで中古品漁り(ゴミ拾い)を趣味としている自分は「この個体はモノは良いのにロゴマークが消えかかっているせいで価値が半減して残念だなぁ…」などと思う事が度々あり、この大事なロゴマークの部分を修復しモノの価値を復活させることが出来るかどうか、やや姑息な手段を講じてみました。まぁ今回の獲物はさほど高価なものではありませんが、もし今後ものすごい掘り出し物に出会ったときにしっかりレストアできるよう、こうして“技術の蓄積”に励んでみる次第。

[続きを読む]


ダダ漏れ


先週、エアコンプレッサーを使っている時にふと、視界の一角で一筋の細い線がピュ~!と走った気がした刹那、ドルドルドルっと溢れるオイル。。速やかに電源を落とし床にアルミトレーを敷いてオイルを受け「オー・マイ!また面倒なイベント発生かよ!カンベンしろよまったく!」と一通りブチ切れたところでゲームセット。そして放置していたオイルパンのガスケットを何とかする休日。

[続きを読む]


塗装のつや消し剤


しばらく前になりますが、塗料店で「つや消し塗装がしてみたいので配合剤をください」とお願いしたら「あるけど、量が多くてプロでも使い切れないくらいだし、そうなるとむしろ高くついてしまうから、少しぐらいならベビーパウダーを混ぜて塗るといいよ。」と言われ「えぇ!?そんなので良いんですか!?」と軽く衝撃を受けた事があるのですが、そのまましばらく放置していたもののそのうち必要になってくると思うのでちょっと試してみました。ちなみに妻子もいないのに何故うちにベビーパウダーがあるのかというと、チャリのチューブにまぶしてから車輪にタイヤを組み付けるとゴム同士の融着が防げるのでチャリ乗りは常備している人が多いのです。断じて変態プレイ用ではない(笑)

[続きを読む]


アルマイト


アルマイトとは、アルミの表面に薄い酸化膜(サビ)を電気的に発生させてキズやサビに対する耐久性を高める表面処理の事で、本来のアルマイトは無色透明なのですが、世間でよく見るカスタムパーツなどのカラフルな赤や青はその過程で染料を染み込ませ色素を酸化膜に閉じ込める事で着色させたものです。ですので色は二次的なものであり特に必要ではないのですが、製品としてのアピールや美装の一つとして世に広く浸透しているので、自作したアルミパーツにも市販品のような着色をして仕上げたいと思うDIYニーズがあっても不思議ではなく、そういう自分も以前バッテリー液や布染料などで実験を行ってみたのですが、うっすらと変化する程度のイマイチなものしか出来ず、今はもうあきらめて正規の材料を購入して行っています。

[続きを読む]