無料レンタルサーバー
わすら雑記
趣味の工作、DIY等の雑記
カテゴリー



最近のコメント



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

たらもと

Author:たらもと
「わすら」とは関東地方の一部で使われる方言で、標準語でいうところの「いじくる」の意味なのですが、このブログでは日曜大工をベースに趣味の範囲でいじくれそうな物を色々とわすらしてゆきます。



ブログ内検索



ご注意!!

工作には多くの危険が伴います。薬品や機械・工具の扱い等、安全の確保には常に各自が細心の注意をはらうようお願いいたします。制作者は時折無謀とも暴挙とも思える信じがたい不注意な行動を取ることがあるかもしれませんが危険行為を推奨するものではありません。また、当ブログに掲載されている内容は必ずしも適切であるとは限りません。もし閲覧者が当ブログを参考に行動し何らかの損害を被っても当ブログ(制作者)は一切責任を負いません。必ず自己の判断と責任において行動してください。



Access Count



ファニーなポンコツ


コイツを初めて見た時にはつい「うわ…ブッッサイクだな…」という言葉が口をついて出たもののその特異なスタイルには何か感じるものがあり、結局この粗大ゴミを自分が回収することになったワケですが(汗)この手のチャリは80年代に一過性で出現して消えた前後異径ホイールの珍獣系で、後ろ28インチ+前24インチという極端にシャコタンな前傾乗車姿勢により空気抵抗を減らす狙いがあったようです。有名どころではモゼールのファニーバイクが速かったらしく、結局は国際自転車競技連から前後異径車は競技の記録ごと無効にされ使用禁止という黒歴史に。。しかしまぁ、ご覧のとおり後部が通常の700Cと、前部が子供用の24インチのフレームをムリヤリ合体した結果には如実に変態性が現れており、Funny(奇妙な・滑稽な)Bikeとはよく言ったものです。ちなみにコイツは当時のブームに乗った国産の普及版(なんちゃって/安物)なのでブランド的・歴史的価値はほとんどありませんのであしからず(当ブログで扱う物件は大概そういうモンです:笑)

[続きを読む]


チャリマゲドン


皆様3連休はいかがお過ごしでしょうか?今回は自分も3連休なので嬉しいです!さて、近年増える一方のチャリですが、2×2だった自転車スタンドがとうとう片側3段積み(下段は床置きなので厳密には2.5段)となってしまいました。たぶん今年中に旧車が1台増えると思うので左列もまもなく2.5段化の予定。しかし自分で言うのもなんですが、いくら好きでもこんなの頭オカシイわ(笑)おそらく何台所有しようが税金や車検も無いしガソリンを入れなくても走る乗り物なので維持費の心配がないからこうなってしまうのだと思います。まして自分のようにジャンク・中古・中華といったゴミみたいなパーツばかり漁って自炊でチャリを組み立てているとお小遣い的負担も手軽でなおさら。。嗚呼


鬼怒川自転車道の表と裏


極度な地元ネタで恐縮ですが、栃木県央部に住むロードバイク乗りにとっては当たり前すぎてもはや空気みたいになっている鬼怒川サイクリングロード。当然、数々のサイトやブログなどですでに広く紹介されまくりで、いまさらここで取り上げる必要があるのか?という疑問がないわけでもないのですが調べを進めると取るに足らない細かい情報が色々出てきてしまい、さりとてあまり詳しくやりすぎるのも読むのがメンドクサイだけなので自分が面白いと思った部分だけ独断と偏見で編集しました。そんな鬼怒川自転車道の表から裏までをグラベルロードバイクでご案内。

[続きを読む]


味覚リセット


勤め先の兼業農家の方から今年も新米をいただきました。一合炊いて「だ、誰かオレの箸を止めてくれ!」という勢いのイッキ食い(笑)新米はホントにうまい!「感涙に咽ぶ」とか「これぞ日本人に生まれける」とはこの事です。しかしまぁ、そのうち鮮度が落ちるのと舌が慣れてしまう事の二重要因で徐々に感動が薄れてゆくわけですが、来年の今頃もまた、無病息災でこの目の覚めるような鮮烈パンチを食らえたら幸せです。


明日のポンコツ予報


この夏、休日の天気といえば猛暑か暴風雨というパターンが続き、リビングでもできる小さなパーツのサビ取りやミガキ作業ばかりでラチがアカンのですが、しばらく前に拾った個体が結構なゴミなのでコンポのレストアも意外と骨が折れたり。しかし肝心のフレームやホイールといった大柄なパーツは天候の厳しさゆえ遅々として作業が進まずまだ公開にはしばらくかかりそうです。そんなワケで今度のゴミは年代的には結構エロイカもしれません。が、歴史的な価値は無く、ましてカッコイイわけでもなく、むしろどちらかといえば外道に分類されるような個体ですので、皆様にズッコケられないよう現時点で予告(笑)